ココ色吐息

2015年 07月 07日 ( 1 )

いけばな

d0180285_10445216.jpg

先週、旦那が仕事で記念パーティーへ出向いた際、そこで飾られていた花を持って帰れと言われたから、とたくさん持って帰ってきた。

ずいぶんと寄せ集め感強い花束だなあ、雑だなあ、萎れてんなあ、と紙袋から取り出した時によぎったけれど、話を聞いて納得。入り口に飾られていたやつを、かき集めただけだったわけだ、萎れているのもほとんどが役目を果たしているからだったのね。

けれども、オレンジや黄色が多く華やかで夏らしい花たち。きちんと生けたらすごく綺麗だろうし部屋も一気に明るくなると思うのだけども、残念ながら我が家には花瓶がない。

だからいつも花をもらったりして飾る時は、今は菜箸やヘラを立てかけているのに使っている100円ショップで買ったデカンタのグラスを代用しているのだけども、今回は花が豪勢で重いのと、外側に広がるタイプの花だったりして、口の狭いデカンタのグラスはとてもふさわしくなかった。
それでもなんとか見栄えがするように生けてみたけど、ダメだ、全然うまくいかない。

口の広い大ぶりの花瓶だったらもうちょっと華やかに生けられただろうな。
(旦那の同僚の人んちの写メを見せてもらったら、大きい花瓶に綺麗に生けられてた、奥様できた方だわあ)

あるいは、横に広がった形の平たい花器に剣山使ってちゃんと生けたら、センスあるなしは置いといて、とりあえず広がりのある花は、そこらへんの瓶より生かされたに違いない。
せっかくの花がぎゅうぎゅうに詰め込まれてデカンタのグラスや元シャケ瓶に狭そうにしているのもかわいそうなので、花器が欲しいところ。……まあ置くとこないけどね。

ちなみに花は、調べてみたところ間違いなければ、バラ、グラジオラス、オンシジューム、ダリア、ソリダゴ、と思われる。
オンシジュームとソリダゴが外側に広がるから生けにくいんだなあ。グラジオラスも難しい。一個だけ、ボンッと主張するダリアも難しいし、……まあね、かき集めただけはある(笑)

これでも実は、高校時代は華道部だったのだ。
週一で楽、という理由だけで選んだので、楽しむこともなかったし、週一ですらイヤイヤだったし、当然ながら真面目に受ける気もなく、何かと理由をつけてさぼったりもしてた。
だからせっかくの三年間も全く身にならず、今から思えばひっじょーーに勿体無いことをしたと今更後悔してる。

今華道なんて習おうと思ったら、えっらい月謝もかかるし、花代などは負担とはいえ、習い事なんかよりもずっと安いか、一応親は支払ってただろうけど、自分の財布としてはタダで華道を教えてもらえた機会なんだから、もうちょっと真面目に習っとくんだった……。馬鹿なことをした……。

それでも、基本的な形とか、全体的に美しく見える構図とか、そういうセンスのようなものは少なからずその時のかすかな経験が染み付いてくれているのかもしれないので、やっぱり情操教育ってだいじ。

あの頃は、学校行事とか物事自体に熱くなったり本気と書いてマジになったりすることが恥ずかしかったり、馬鹿らしかったりかっこ悪いことだと思ってるところがあったんだなあ。誰かにバカにされてるんじゃないか、笑われているんじゃないかなあ、と悲観的な気持ちが常に根底にあって、それは根付いちゃってるもんだから今でも変わってない欠点でもあるんだけど。

もっと正直に熱くなったって、本気になった方がいいのにな、と後悔することもしばしば。けれど取り返すことができないほど、過ぎ去ってしまってからそのことにいつも気がついてしまう。

見栄張ったり、意地張ったり、かっこつけてみても、何も生まれず何も実らないわけだ。
と、煩雑なダイニングテーブルの上で即席で生けられてしまってる花見て、しみじみさせられた。

かといって、私のことだから、そう簡単に生かされないんだろうけどもー。

あ、そういえば、
全然本文と関係ないけど、書き忘れてた。
今日は七夕だね、毎年恒例、内輪しかわからないけど言わずにいられない日なんだ、
◯つくん、誕生日おめでとう!(笑)



[PR]
by koco_hinata | 2015-07-07 10:49 | flower