ココ色吐息

カテゴリ:goods( 38 )

腕にワサワサ

d0180285_18551145.jpegd0180285_18552915.jpeg

腕にワサワサジャラジャラとつけるのが昔から好きなので、ブレスレットは思えばデザインは変遷しても15年くらいはつけている気がします。
そのうちの一つはもう10年以上、ほとんどつけっぱなしのシルバーのブレスレット。
それは以前ブログでも紹介済みですが、(あ、写真にも写ってた)他にもいろいろとつけてます。

だからブレスレットやバングルに限らず、ヘアゴムとかシュシュとかヘアタイとかもわさわさとつけてしまう。
時計も大きめの方が好き。
いいんだけど大変なのは手を洗う時。外さないと洗えないし、濡れる覚悟で手を洗うか、ということになりますが、それでもいい、それでもジャラジャラしているのが好き。

なので、暇つぶしにハンドメイドサイトを閲覧しつつ、ひたすらお気に入りボタンを押していたお気に入りリストの中から、初めて購入したのがこのバングル。

かぎ針で編んだレース糸のリングを繋げたブレスレットで、ゴールドが2連、カラフルは5色セット。しかもとてもリーズナブルなお値段でした、だけど届いてみたらとってもとっても丁寧な作りで素敵な一品。

手書きのお手紙入りで、包装もとても可愛らしくて。作家さんの細やかさを感じました。また利用したいなと思えます。

金属のブレスレットも目がないほど好きですが、これは金属ではないので、軽くてつけやすいところもお気に入り。持ってるものと合わせるのも楽しいし、カラフルな方はムスメッコにつけても可愛いじゃない♬

でもね何より、もうあるだけで幸せな気分になれる可愛さなので、つけないこともあっても、それでもいいんです。
アイテムって持ってるだけでも、ポワァーと幸せな気分になれますね。
だから雑貨とか物とか、というか買い物って大好き(笑)

旦那にはホドホドに……とよく釘刺されますけんど、、やめられますぇん。
んでも、……ホドホドにね(笑)


[PR]
by koco_hinata | 2015-12-14 19:42 | goods | Comments(0)

面倒な鞄間移動の必需品

d0180285_14184413.jpg
 □ Kodak SG400 □ 

写真と本文全然関係ありませんが、透明感……っぽい?というこじつけなチョイスで失礼します。

今の仕事では、カバンなどはロッカーへ入れ、現場へ持ち込みたい私物は透明のバッグで持ち運びしなければいけません。

私は常勤ではなく単発で仕事に入るので、その都度借りればいいのだけれど、一度きりではなくしばしば入る仕事なので、毎度カバンからの入れ替えが非常に面倒だった。なぜなら持ち物が多いからなのですけれど。これでも少なくしたんだよねえ。しかしながら多い。そして減らせない。むしろ増える。

常勤なら文具類とかあんちょことかをいっそ現場へ置きっぱにできるのですが、単発だとそれが不可能なのでだいたいいつも持っていかないといけない。

なもんで余計に荷物がわんさかあるのですね。んまー持っていける現場だからよかったけどね。仕事によっては財布すらろくにもっていけないところもあるし、私物を置く場所がないところもあるだろうし。幸い、今までの仕事では多い少ないはあるにせよ私物は持ち込めるところだったからよかった。

さて、毎度ながら透明バッグを借りて入れ替えるということすらめんどくさくなった私。自腹で購入しました。

楽。とっても楽。なんてったって最低限の持ち込み用荷物をすでに透明バッグへ詰め込んで、バッグインバッグのごとくカバンに入れてしまえばいいのだ。そして現場についたらカバンからさっと取り出せばOK。私物のカバン間移動はほぼなし。(厳密にはユニフォームとか細々とあるものはあるけれど)

自前だから乱暴に使ってもいいしね汚くないしね。買って間もないから当たり前だけど、壊れてないしね。借りてたときは以前使った人がおそらくお菓子とか入れてたんでしょうか、塩か砂糖まみれになっていることがあったり、破れまくっていたり、なんじゃこりゃあ、というハズレもありました。その心配も今はない……!

そんな透明バッグ1代目はSSサイズにしていたんです。だいたいそのサイズだから。だけれど最近になって溢れるようになってしまった。減らしているはずなのに。それどころか、透明バッグとプラスサブバッグを持つことも。(備品を持ち込むことがあるからだけども)

溢れてくると何が困るって持ちにくいことと落としてなくし物をしてしまいそうな不安感。ヘアゴムひとつですらなくし物をしたくないのに。なんて恐ろしいのだろう。

そして溢れるということは、カバン間移動の私物が増えてしまったということ。つまるところ、めんどくさくなってきた。

それでも小物はポーチへ整頓したり、仕事用は別で用意しておいたりと、工夫はしているはずなのに何故増えるのだろう。減らしているのに。

確かに使っていないものもある。もしものための携帯用リセッシュとか。なんたってもしものときのため、だから、そう頻繁にもしものときはない。けれどスタメン入りさせていないとちょっと不安だし、二軍落ちにした途端にやっぱり必要だった、持っているべきだった、ってなるんだ絶対に。だからやっぱり今は使っていない出番のない小物たちも外すことはできない。だから減らない。減らしているのは頭の中でだけ。

ならもう、器をでかくする以外にないだろう。心の器ではなく現実的にバッグのでかさ。心の器はもう大きくなりませんよ、ええ。

なので今度はMサイズを購入。これはただいま到着待ち。からの、到着しました。
これでほとんどの私物を網羅できるぞ、フッフッフッ。(どんだけ多いんだ

きっとこれでもたりなくなって、やっぱり肩からかけられたほうが楽とか思い始めてLサイズを入手するのもそう遠くない未来な気がします。この仕事している限りは(笑)


[PR]
by koco_hinata | 2015-08-11 15:31 | goods | Comments(0)

香る女その後

d0180285_17101130.jpg
香る女になりたい、とちょいと前に記事に書きましたが、地味に香る女目指して
好きな匂いの香水だとかスプレーだとかコロンだとかを求めて彷徨しております。

だけど、ほんとにいい匂いのする女は、
インスタント食品なんて毎日のように食べないだろうし、
コーヒー党じゃないだろうし、中から綺麗に、を心がけているだろうから、
胃も悪くないだろう。
きっと内側から醸し出すフェロモンがとてつもなくよい香りなんだろう。

男はよく、香水とかの匂いじゃなくてシャンプーの匂いとか、
そういうナチュラルなのがいい、とか思ってる人が多いのかもしれないが、
それが可能な女はもう、なんだろね、
見た目からしてきっとこの人からはローズしか香らないって思えるルックスをお持ちなわけで、
私にはもう外見も内臓も今更無理なので、外堀から固めていく次第です。

けど香水ほどきついのは私も匂いに酔っちゃうし、
きついんじゃ本末転倒、臭い女になるだけです。
けど嗜みとしてやはり少し持っておきたい、というのもあって、
この頃では出かけた先で香水売り場があると、
テスターの瓶をスンスンしてばかりいました。

この匂いはいいな!と思ったボディスプレーを見つけたので、
このところはそれを振りまきまくってました。
ボディスプレーはほとんど持続しないし、私が選んだやつは甘ったるくないやつだったので、ガンガンかけた。
ただ香ってるかは不明。
友人はあのボディスプレーの匂いがしたよ、と言ってくれたから、少しは振りまいた効果はあったろうか(笑)

ちょっと前、美容院でパラパラ見ていたファッション誌の中で香水の広告が載っていたのですが、
そこに書いてあったコピーに惹かれて、どんなもんなんだろう?とずっと気になっていたものがありました。

パルフェタムールというブランドのもの。まず匂いは置いといて瓶がえっらいかわいい。
魔法の小瓶みたいだよね、と友人が言ってましたが納得。

これを持ってるだけで、いい女になれたのではと勘違いできます。
とりあえずひとりきりなら自分がとんでもない美人になったと妄想はできます。
シュッとふきかけたら、クリーミィマミのごとし、
すごい素敵な大人美人に変身できる、みたいな。
クリーミィマミは香水で変身するんじゃないけど。

ありえないほど綺麗になれるんだったら、
マリオン・コティヤールみたいになりたいですね。
もう同じ人間という種族とは思えないほど自分とかけ離れてますけど。

ご興味ありましたら検索するよろし! ⇒パルフェタムール

でも香水ばかりは匂いがわからないと買えない。
それで香水売り場でテスターがないかずっと探し回っていたんですが、なっかなか見つからなかった。
それが先日、友人とでかけたイオンでようやく会えた。
これが、嫌いな匂いじゃなかったのだ。むしろ好きな匂いだった。
けれど予算オーバーでその場では香水は買えなかったのだけども、忘れられずググりまくっていたら、
同じもののロールオンフレグランスとやらがあるというのを知った。

ロールオンフレグランスてなんだ?
ロールオンてことは脇?
と、首を傾げたので調べてみると、まさに脇用デオドラントや、ソックタッチみたいに塗る香水だそう。
私はそんなもんがあるなんて知らなかった(笑)

でも塗ってどうする?と思ってどうしてそんなものがあるのか見ていると、
香水とかボディスプレーやコロンは周囲に撒き散らしてしまうことが気になるけど……、
ロールオンなら塗るだけだから匂いは飛び散らない!
らしい。
なるほど!!
そうそう、
ボディスプレーを使いながら周りに迷惑だろうからどこでつけなおすべきだろうか、
と悩んでいたので、そこが解決するわけだ。
しかもサイズも小さいから持ち運びに便利。
考えてるねえ。

というわけで楽天ポイントがそこそこたまってたことをいいことに、
そのロールオンタイプのパルフェタムール・ロールオンフレグランス
ちなみにクラシックローズを買ってみた。
瓶だって絶対手に入れますよ。そばに置いときたいから。
(こういうのを無駄遣いという)
それがようやっと今日届きました。待ってました!

やっぱり好きな匂いだなあ。ただ興奮のあまりつけすぎたかも知らん。
注文する際、おまけ付きを希望していたのでおまけがついてきたのですが、
おまけはrepetto のオードトワレ。
ラッキーとばかりにそれもつけようとしたら付け方を誤ったのか、
えらいたくさんついてしまい、今ちょっと酔ってます。

ふむふむこれで少しは、香る女へ一歩近づけているかしらね。
でもなんだか楽しいので、いろいろ探してみようかしら。お金ないし酔うけど。


ついでに学校から帰ってきた娘が「なんかいい匂いがする」というので
「香水つけたからだよ」とちょっとドヤめに答えたら、
「うん、なんかね、ポテト(マックポテトの意)の匂いがする!」
と言われたけど知らない。聞かなかったことにする。

[PR]
by koco_hinata | 2015-07-09 17:25 | goods | Comments(2)

世代交代

d0180285_14174738.jpg
 □ Kodak SG400 □ 

写真は特に内容とリンクしてません、あしからず。なんとなく明るいお色で。

私の愛用しているiPad mini用のロジクールキーボードが先週、突然イカれた。
深夜には普通にメモ帳アプリでパチパチ文章打ち込んでたんだから、何不自由なく使えていたのに、翌朝になって開いたら文字入力がおかしなことになっていた。

delete を押しても t と出てきて一向に delete してくれないし、他のキーも全く関係のないセンテンスが出てきてしまったり。
充電をしなおしたり、Bluetooth入れなおしたり、電源入れ直したり、やれるだけのことを試してみたものの直る気配はなく完全に駄目だった。

こりゃもうカスタマーセンターだな、と電話をすると「それは明らかな不具合ですね……、申し訳ありません」との回答。もう交換するしかないという。

だがてっきり私は保証書を紛失していると思っていた。

キーボードを購入したときには、ど金欠でとてもロジクールを購入するだけの資金がなかった。だけどどうしても欲しかった。

買って、と出し抜けに言える値段じゃなかったから、それとなく旦那の前で、
欲しいなあ、欲しいなあ、けどお金ないなあ、どうしようかなあ、赤字覚悟で買おうかなあ……、と態とらしくウダウダしていたら、
ちゃんと払ってくれるなら俺が出してもいいよ、と私の物欲には冷徹を通す我が家の財務大臣が、珍しく妥協してくれて入手したものだった。多分あとで払ってるはず。

つまり、私の手元にはレシートもなければ保証書もないのだ。会計をした旦那が受け取っているから。
もう一年も前のことだから旦那も覚えてないだろうし、当然レシートもなかろう。
(買ったのはケーズだから、保証書もレシートも赤い封筒に一緒に封入してあるのだ)

なもんで、交換の手続きを取っている際にも、保証書もレシートもないんです、と伝えていた。

だが旦那にその話をしたら、
「基本的に俺はもらった保証書は全部あそこ(保証書や取説の類をしまう引き出し)に入れてるはずだよ、」
と言う。そうだ、この人、マメだった。付け加えるように旦那は呆れた顔で言う。
「というかさ、なんで保証書なくすの……。普通捨てないでしょ」

いやー私だってとっときますよ、ちゃんと。たまたまあんまり記憶してなかっただけだよ。……と言い訳してみる。多分、赤い封筒が保証書だということをすっかり忘れて捨ててるやつもあるやもしらんが、もうしらん。

ん? じゃあさ、もしかして残ってたりして。
そうは思っても、きっとないだろうなー、んで保証できません、、とかって返されちゃうんだろうなーふふんふん、と軽い気持ちで引き出しを開けてゴソゴソ赤い封筒を
引っ張り出すと、とてもすんなり、ロジクールの保証書がぺろっと出てきた。

あるじゃねえか……。
急いで対応してもらっているカスタマーセンターのSさんにメールをする。
ないテイだったので、なくてもなんとか保証してもらえるのか対応中だったのだ。
すっごい手間かけてしまったんだろうな……申し訳なさすぎる。

結果、無事代替品を送ってもらえることになった。
それが今日、無事手元に届いた。ありがたい、やー、本当にありがたい。
買い直すにしたって、おそらく当面は買い直せないと思っていたから、本当に有難いのだ。
それも、私が以前使っていたロジクールはもう生産していない旧型だったそうなので、同じシリーズの新型が代替品。もっけの幸いだなあ。

調べてみると、ロジクールは比較的よく壊れることが多いらしい。
だがその分、なのかどうなのか、〝カスタマーセンターの対応はよく、すぐに代替品を送ってくれるから許す〟という感想が散見された。
その通りだった、対応してくれたSさんは丁寧だったし、私の不備がありつつも最後まで対応してくれた。カスタマーセンターってたらい回しにされて、苛立つことも多いのに。
そして噂通り本当に迅速に代替品を送ってくれた。壊れてから新品が届くまで1週間。なかなか良心的だと思う。

ロジ君2号よ、突然イカれたりしないで頑張っておくれよ。
や、私も大事に使わないとね……。(←ちょっと反省

でも、一つだけ言わせておくれ。

結構キツイぜ、新品臭。早く落ち着きますように。でも大好きです、ロジクール。


[PR]
by koco_hinata | 2015-06-25 00:29 | goods | Comments(2)

bookcover

d0180285_17341030.jpg

身の回りのものをランクアップさせよう!月間につき、別段今月に特化したわけではないですが、いろいろ新調することにしました。
それらを『私の見栄っ張りアイテム』と名付けていくつか揃えたうちの一つ、ブックカバーです。

それまで移動中や移動先で本を読むにもカバーはつけていませんでした。特に理由もなかったのですが。
しかし、諸事情よりブックカバーが必要となり、せっかくだから気に入ったものを使おう、と探して見つけたのがこの2種類。

右側はちょっとビジネスライクな仕事できそう(あくまでも私の偏見)なカバー、左側はちょっと遊び心を取り入れてみました。
水にぬれても大丈夫(限度がある)な加工が施されているペーパー製で、両面このカセットテープの絵柄がついています。

緑色の方は、たぶんだけど表紙側の裏にしおりが添えられています。でもまだ使ったことがない(笑)
というのも、これに入れた本が新潮文庫だったので。新潮は本自体に紐のしおりがくっついているんだな。

読書、読み物はかなり刺激になります、いいことづくめ、と実感しているのですが、困ったことに活字が苦手(笑)
ここでも苦手だ苦手だ、と何度も言ってますが、相変わらず苦手で、しばらくご無沙汰になっていました。
最近、出勤中だとかやはり暇だし、ちょっと読む気力があるこの機会を逃してならない、と時間があれば読んでます。
そうでなければいつ読む気スイッチが切れるか、わからない。だからブックカバーを買ったのだ。

けどもねえ。まー読解力がない。
読んだはいいけどただ活字を通り過ぎただけで頭に入ってないことがほとんどで、ページを繰り直す、ということがしばしば。
気が付くと読んでる最中に内容についてを想像したり思考したりするのではなく、まったく無関係のことを考えていたりして、
頭をふりふり、気を取り直して…、ということが続くのでとてもエネルギーがいる。
それがめんどくさい、とわかっているからおそらく遠ざかりがちなんだろうと思うけど。

なんか上手に入り込むコツってあるんでしょうかねえ? 
そんなんだから、エネルギーが要る長編は、勇気が要るのでいつまでたっても手を伸ばせない。

え、待てよ? ……。
そうか、読解力じゃない、集中力がないのか。長い間集中できないから読んでるうちに意識が散漫になるんだ。
そうだなあ、思えば活字に限った問題じゃないな。どれもこれも、思い当たるフシが数多見つかる。
私に足りないものは圧倒的に集中力だったんだ。
こりゃ活字だからって問題じゃないな、議題にしてよかった、活字が苦手な原因どころか、いろんな不具合の原因がわかったよ(笑)

じゃあ集中力をつけるにはどうしたらいいんですかね?(笑)しらんわな。
もう三十路も過ぎたら今更集中力を鍛えるなんて手遅れだろうか……。うーーーむ。情けなし三十三歳。

だから、職場で、四月から新社会人になる十も離れた女の子に、「ココさん、かわいいなあー」って言われちゃうんだな。
そういうことを滅多と言われていない私は、褒められてるもんだと受け取って、
かわいくなんてないよおおう、とかって満更でもなくご機嫌善しとしていたけれども、
喜んでる場合じゃねえな…。恥じろ、恥じるのだ、私!

っても、やっぱり「かわいい」って言われたら、まんまと嬉々としてはしゃいでしまうのだろうな……。嘆かわしや(笑)

ついでに洒落たブックカバーを手にして静かに読書する姿の自分の、
できる女な感じを演出しちゃってるところなんかも、またぞろ、嘆かわしいこと甚だしい……。

ま、やめないけどね。

[PR]
by koco_hinata | 2015-03-24 18:40 | goods | Comments(0)

旅の新たなお供

d0180285_11524235.jpg
「今日、呪泉郷からシャンプーが届きますので!」
と、今朝方出勤して間もなくに旦那から届いたLINEに、不覚にも声をあげて大笑いしてしまいました、こんにちわ。
『らんま1/2』をご存じない方にはさっぱり意味不明なネタですが、お分かりいただける方は私のそばにいてるだろうか(笑)

と、そんなシャンプーとは別に、私が注文していた石鹸が一緒にヤマトで届きました。
幾度か記事でも紹介していますが、石鹸はついつい手にとって買ってしまうアイテムの一つです。
この頃はお財布事情もあり、趣味で集めることができなくなっていましたが、先日、テレビ番組で紹介された石鹸にとても惹かれて、注文してみたのです。お値段もお手頃でしたしね。

それが写真の「旅する石鹸」というもの。
一緒に写っている石鹸は、お店の方が同封してくださったサンプルです。サンプルにしては結構大きめなものを三種類も!なんと良心的なのだろう。感激!

d0180285_18064416.jpg 
 
 旅する石鹸の名の通り、使い切りサイズの石鹸が欲しい、
 という声から、お風呂一回分くらいの小さいブロック型が
 16個入ってます。まるでキャラメルみたいでしょ?


旅行で石鹸を使いたいけれど、濡れてぬるぬるになった石鹸を持ち帰ったり持って行ったりでカバンが汚れてしまう、という声から一回分に小分けした石鹸が生まれたそうなのですが、石鹸って小さくカットするのはとても難しいんだそう。割れやすくなってしまうので、このサイズにカットしても割れてしまわぬように改良するのに試行錯誤されたそうです。

外出時に石鹸を持ち出したいけど、同じく持ち運びが悩みでした。小さめのジッパー袋に入れるのですが、一度使ってしまうとヌルヌルして勿論手もぬるぬる、それを収納するジッパー袋もやっぱりぬるぬるになってしまうんですよね。だからさらにビニール袋に収納して……、と割と面倒。

さりとて、愛用の石鹸をカットしようと思うと、それもまた案外難しかったりするんですよね。厚みのあるものだと結構硬いし。削れてポロポロと砕けてしまったり、何回か分にはできても使い切りサイズにはさすがにできない。

おおお、いいものめっけた、と思って、すぐさま検索、ポチりました。

どこか遠くの方から、「ねえ、液体石鹸使えば?」という声が聞こえてきましたけど、無視させていただきます。そういうことじゃないのだ。

私は「やぎミルク」配合の石鹸にしてみましたが、ほか、ラベンダーとはちみつがあります。今度、他二つも手に入れてみましょ。
まだ実際使ってみてはいないので、使用感は書けませんがはたしてどんな感じか、どれも楽しみでワクワクしてます。

ちなみに私の注文したものは呪泉郷からのものではないので、きっと何にも変身しないで済むと思うが、はていかに。


[PR]
by koco_hinata | 2015-03-17 18:31 | goods | Comments(0)

外付けPKT

d0180285_09441439.jpg
随分と便利な世の中になったものです。
特に私みたく、手作業ものが苦手な人間には非常に有難いけども、きっと憂きことでもあるんだろうと思う。
こんな私でも、今の世の中ほど便利じゃない時代だったら、それでも手作業したんだろうか、
ちゃんと手間暇惜しまずにいられたのだろうかなあ、と考えることもしばしば、けどおそらくどの時代にいても、
あわよくば……と面倒なことからは逃げていくんだろうなあ、と我ながら情けなくなります。

移動ポケットなるものを手に入れました。
小学校にハンカチ、ティッシュを持って行かせたいのに洋服にポケットがない、
そのために洋服に取り付けられる外付けポケットのこと。
見た目としてはいわゆるポシェットめいたものだけど、ポシェットほど大げさではなく、さして動きの邪魔にもならない。

この存在を知ったのは、「作ってみたよ」とご近所のお母さんが見せてくれたのがきっかけ。
その話題にもちらほら以前から出ていたけど忘れてた。
既製品ないですかねえ…、と裁縫が大の苦手である私がぼやくと、あるらしいよ、と教えてもらったので、
外に探しに行くのが面倒で(笑)まずネットで検索。
すると楽天で発見、かわいかったのですんなり購入です。
最近楽天で買い物をしていなかったら、えらいポイントが貯まっていて、ポイントで購入できたしラッキーでした。ふふ。

d0180285_09442240.jpg

どうやら後で話を聞けば、案外近場にも売っているらしかったけど、
娘はすごく気に入ってくれたし、
おまけでかわいらしいヘアゴムをプレゼントしてくれたので、
よいお買いものができましたですよ。(こちらがそのオマケのヘアゴム →)

今日もノリノリでポケット付けて学校行きましたよ。
これでハンカチ、ティッシュが常に肌身離さず持ち歩けるだね。
しかも手作りっぽいデザインでしょう?(笑 あざといよ)
三角巾すらろくに縫えない私、既製品に大変感謝でございます。


[PR]
by koco_hinata | 2014-05-19 10:08 | goods | Comments(0)

ウラワザ

d0180285_08545799.jpg


豚毛ブラシとか、掃除機のブラシ部分の絡みついたホコリや髪の毛が厄介です。
なんせ、ブラシ部分の目が細かいゆえ、お手入れに、長いこと悩まされてきました。
イチイチ爪楊枝で掻き出してみたり、コームを使ってみたり、それでも取れず、
半ば諦めてホコリがゴッソリついたまま使っていました。女子力なし。

しかしある時、意外なアイテムがその悩みを解消してくれることに気がついた。
まさかの猫用のブラシです。

ネコズのブラッシングをする際、毛の束がそれはもうドッサリ出てくるうえ、
ちょっとしたそよ風や息でふわふわと舞ってしまうので、掃除機をかけながらが鉄則なのですが、
隙間用のブラシ部分に猫毛がくっついちゃうわけです。
手では上手く取れずに困っていた時、持っていた猫用ブラシで何気無く梳いてみた。
すると、髪の毛からホコリ、猫毛、綺麗にゴーッソリ取れることが分かった。
おかげで、今まで試行錯誤してもスッキリしなかった豚毛ブラシが生まれ変わり、
掃除機のブラシ部分のお手入れも比較的、楽になった。

何よりゴッソリ取れるあの心地よさ。
かの日本◯販のスーパーハボキを彷彿とさせる気持ちよさに痺れましたね。
スーパーハボキ、持ってないけど。

ちなみに、金属製の目が細かいブラシやコームがオススメです。写真右側にあるような。
この目の細かさと金属の頑丈さが、
もっさり生えているブラシの毛にこれでもかと強情に絡みついた髪の毛やホコリなどを、
もりもりとってくれます。
ちょっと、いい気になってきますね、ホコリや髪の毛に勝った気になるんです。

フフフ、絡みついて離れない、と調子に乗っていたホコリたちよ、ざまあないな、ハッハッハ!!
って、感じで。
そんなに上になって偉そうにする機会もないですし、別にしたいとは思いませんが、
たまにはね、言ってみたいセリフとかありますでしょ。
普段なら腹が立つ傲慢さも、ちょっと演じてみたい時。ホコリ相手に得意げになる侘しさは無視で。

主婦って虚しい生き物ね……とか思ってるそこのあなた。
やって御覧なさい、ちょっと誇らしげになっちゃうから。うふふ。

ブラシの手入れにお困りの方、ペットを飼っていなくとも、猫用ブラシ使えますよ、
ぜひ一家におひとつペットブラシ。

ご静聴ありがとうございました。


[PR]
by koco_hinata | 2014-04-28 09:48 | goods | Comments(0)

ガマ口

d0180285_09054429.jpg

鞄の中がいつも荒れています。
常に大荷物であることは、多分どこかでも述べていたかと思いますが、(違ったかな・笑)
あれもこれも、とにかく持ち歩いていないと不安、というものが多いため整頓しきれないのです。
持ち物の8割は使用しないことの方が多いとわかっていても、軽くできない。
持っていかなかった時に限って必要になったりする。幸い持っていた時の、自分ナイス!感(笑)
そういうわけで鞄も大きくなりますし、大きい鞄に小物がゴチャゴチャして迷子もしょっちゅう。

だから、ゴチャゴチャさせないために昔からポーチをチョイチョイ買っては、試行錯誤を繰り返しておりました。
でもポーチやバッグインバッグを使用しても、気がつくとポーチから飛び出し、鞄の中身はカオスと化します。
ポーチは、もはや収納としての役目を果たさず、他のアイテムと同様、個々のアイテムと成り下がってしまう。

なぜだ、なぜ、ポーチは意義を失うのだ。

単純に、入れたものを元の場所に片付けない、という持ち主の杜撰な管理ゆえであることは承知していますが。
「元の場所に片付ける!!」と声を荒らげて娘に叱り飛ばしている場合ではありません。

そんな時に、雑誌でガマ口のポーチが付録されているのを見つけ、何の気なしに購入したのですが、
これが私の杜撰さに合っていた!

ファスナー式は、一度鞄から取り出して、収納された持ち物を取り出し、またファスナーを閉めしまわねばならない。
すると、ポーチを取り出すのが面倒になる、ファスナーを開けるのも面倒になる、
結果、中でファスナーを一度開けたら開けっ放し、
ポーチにしまうことすら面倒になり、中身が飛び出し煩雑になる。

その点、ガマ口がそんなめんどくさがりの私にどうあっていたのか。

まず、何よりカバンの中での開け閉めが楽という点です。片手でガマ口をつまめばよろしい。
大きく口を開けてくれるので、鞄からポーチを出さずとも小物を出し入れしやすい。
ポーチの上に他の荷物をボンボコ入れ込んでも、ガマ口を開けさえすればいいだけ。

とにかく面倒にならない、というのが私にとっての最大のメリットでした。
しまうことを面倒がってしまう私には相性がいいのだと思います。

それからおまけでガマ口ポーチだったりすると即買いしてしまったり、
雑貨屋に行けばガマ口ポーチはないかぁ〜と物色。

先日訪れた和雑貨のお店で見つけたのが写真のガマ口です。
他にもデザインはいっぱいあったけど、やはり鮮烈な赤の椿に惹かれてしまいました。
もうちょっとシンプルなのにするつもりだったのに(笑)

手前の小銭もそう入りきらないであろうプチサイズは見た目だけで買いました(笑)
でも小型のハンドクリーム入れにピッタリだった!
ハンドクリームがよくなくなるので、グッジョブです。

とはいえ、ポーチはファスナーでもやはり大好きです。きっと今後も買います(笑)
ほら、相性は良くないけどやっぱり好きなアイツってのもありますでしょ?w

そして、弁解しておけば、
ガマ口にしても鞄の中が混沌とするのは相変わらず日常茶飯事です。
んだが、整頓はしやすいのだ!愛用しますえ。


[PR]
by koco_hinata | 2014-02-25 09:43 | goods | Comments(0)

ぬくぬく

d0180285_2203353.jpg


気がつけば今年も残すところあと二日……あっという間、とは毎年書いております(笑)

いんやー当然ながら寒い日が続いてますね。寒がりなので、ヒイヒイ言うのです。
朝とか起きられません、布団でウダウダしています。
でも雪国の方からみたら、ふざけんな!って言われてしまいますけど……(^^;;
猛烈な寒波で笑ってはいられない気候です。

そんな寒がりの私のお供が、この大きなブランケット。
ブランケットにしちゃでかすぎるし、もはや毛布ですけど、どちらも十年ほど前に購入したものです。
エスニック系の雑貨店で買ったもので、ストールとしても使ってたりもしてました。でかすぎるのに(笑)

けれどね、ブランケット好きでいろんなブランケット集めていますが、
暖かさに関してはこれ以上の毛布に出会えない。

確かね、ウールじゃないと思ったんだよなあ、値段的にも。
アクリルだった気もするんだけど、値札しかついていないものだったし、素材が何かまで当時は気にしてなかったからわからない。
繰り返し洗濯もしちゃってるし、実家にいる時代から雑に扱ってしまっているけど(^◇^;)、
やや、むしろ、洗濯しちゃって目が細かくなったからなのか、
暖かさに関しては天下一品です、今ある私のあったかアイテムの中ではナンバーワン。

使い込みすぎて、毛玉も、いや毛玉が毛玉を呼んでなんだかすごいし(笑)ボロボロなんだけど、
オサレさもかけらもなくなってしまっているけど、これが一番あったかいので、毎年これがないと冬が越せません。

包まれることが好きなので、これからもお世話になるだろうし、今後も暖かくて可愛いあったかアイテムを求め続けるだろなw ( *´皿`* )

そんなお気に入りアイテム、みなさんにもありますか??(^_^)
[PR]
by koco_hinata | 2013-12-29 22:27 | goods | Comments(0)