ココ色吐息

カテゴリ:cat's( 23 )

ニオイとの戦い

d0180285_09441603.jpg
 □ lomo400 □ 

猫のトイレの匂いには日々奮闘しています。

猫自体は体臭がほとんどないのですが、糞尿の匂いはやはり強烈。
我が家は廊下にトイレを置いているので、玄関開けたらサトウのごはんじゃないですけど、オシッコ臭い、という状態になってしまいます。
別にVIPな来客なんてありませんが、やはり人を迎える玄関が尿臭いというのもよろしくないということで、奮発して脱臭機を置くことにしたところ、アンモニア臭はだいぶ緩和。

しかし、去勢したとはいえオス2匹だからか、オシッコのニオイは強く、2週間ないし1ヶ月に一度は猫のおトイレを丸洗いしないとアンモニア臭がこびりついて、脱臭機をもってしても拭いきれない時があります。

つまりはどんなに脱臭剤や脱臭機を用いたとしても、ニオイの根源を断たなければ、やはりニオイって取れないのだな、ということはわかったのですが。

ここで問題が一つ。

あるネットの記事で、猫の糞をトイレに流してはいけない、というのを、以前見まして。
猫の糞には飲み込んだ毛なども混じっているので、繰り返し流していると詰まるのだそう。
それでトイレが詰まってえらい目にあった、という体験談を見て、うそおおん、とぞっとしました。実家ではずっとトイレに流していたのになんともなかったし。

それまで我が家のネコズのウンチはトイレに流していたのですが、それを機に燃えるゴミの際に捨てることに変更しました。

トイレに流していれば当然ながらウンチは部屋から消えるので匂いは残りません。
でも週2回のゴミの日が来るまでの間、せいぜい2、3日ですが、ウンチが家に残されていることになります。
もちろん匂います。
ホカホカの時も臭いですが、日が経つにつれて匂いの度合いは増し、強烈な悪臭となります。

これが悩み。

強力な脱臭機や脱臭剤をもってしても、ニオイの根源を断たなければ根本的にニオイはなくならない、わけなのでどうしてもどうやっても臭いんですよね。

それまではビニール袋入れて口を縛ってスーパー袋に入れてそこも口を縛って、ウンチ用のゴミ箱に入れていますが、溜まってくるとフタが閉まっていてもニオイが漏れ出てくる。

猫の抜け毛同様、【気にしないで暮らす】という達観ができたらいいですが、やはりお友達も来るし、猫だって臭いよりは臭くない方がきっとよいはず。

何かないものかと、レッツ知恵袋検索。
生ごみ処理機、というアイデアもありましたが、猫の糞のためだけに生ごみ処理機を買う余裕はさすがになく……。もう少し簡単な方法はないものか。
で、見つけて実践してほんの少し抑えることができたのは、一度新聞紙にくるんでからビニールに入れて捨てる、というもの。
やはりそのままビニールよりもニオイは抑えられましたが、それでもやっぱり臭い。
当たり前だけど臭い。

ゴミ箱に引き裂いた新聞紙を敷きつめたりもしましたが駄目ですねえ。

そこで、冷蔵庫用の(野菜室用だったかな)の脱臭炭をゴミ箱に入れてみることにしました。
するとしないときに比べてかなり緩和したような。
それまでウンチを捨てた後のウンチのないゴミ箱もニオイが移ってしまい臭かったのが、脱臭炭を入れてからはウンチがなければさほど臭わなくなりました。

でもやはりね、ウンチがたまるとニオウんだなあ……。

今現在は、新しく消臭剤を新調したばかりなので、凄まじい消臭剤のニオイで誤魔化されていますが、これは効力がなくなってきた時に化けの皮が剥がれてしまうので解決にはならないんだなあ。

やはり何度も書いているように、ニオイの根源を断たなければ根本的に解決しない、ということですかね……。

ってなんの解決にもなってない!?

いやいやそんなことは……。
まだ、解決はしていませんが、今後も少しでも快適に猫と暮らせるよう試行錯誤していきます。

[PR]
by koco_hinata | 2016-06-15 09:14 | cat's | Comments(0)

猫毛対抗ブラシ

d0180285_10215813.jpegd0180285_10214555.jpeg

度々、猫の抜け毛について四苦八苦していることを記事にしていましたが、(そんなたくさんでもないけど)素敵なアイテムに出会った!

NHKの「おはよう日本」内で、ちょっとした便利グッズを紹介してくれる「まちかど情報室」というコーナーがあり、結構使えるな、と思えるグッズがよく出てくるので、本当にほしいな、とチェックしていることも多いのですが、そこで紹介されていたブラシが写真のこれ。↑
(使用後で汚れた写真ですみませぬ)

ゴム製でブラシの先端がV字になっているのがポイントで、これでペットの毛とか埃とかをからめとって集めてくれるというシロモノ。
V7 スーパーブラシっていう品名です。これはハンディタイプですが、デッキブラシみたいなでかいのもあるようです。

テレビで見て、こりゃあいい!!と思ったものの、どうするか悩んでいたら楽天ポイントが結構たまっていたので買うことにしてみたところ。。

驚くほどごっそりごっそり取れる!!!

面白いほど取れますよ……感動してしまった。

掃除機でも取れない、コロコロもキリがないほど猫毛まみれになっていたキャットタワーのてっぺんの箱みたいなところに、積もりに積もった猫毛があったんですね。アレルギーでもなく猫好きでも、ウオオオ……と思うほどの(笑)
でもどうすることもできなかったのですが、そのブラシを使ったら、猫毛でややグレー色に見えていた生地の本来の色が出てきて、すっきりピカピカになった!

他にもカーペットとか猫の寝床の毛布の上も、すっきりきれいに。
みるみるきれいになるところが気持ちいいのですよね。

こんないいものがあったことに気づかなかったなんて……。

ペットの毛でお困りの人はぜひおすすめしたい。
ペットいなくても一家に1つあったら絶対お掃除にお役立ちになると思います(笑)
埃も取ってくれるからね。掃除機やコロコロでももはや……というところに最適。

ゴム製なので汚れたら水洗いすればOKなお手入れ簡単なところも最高だね。

どこのまわしもんだ、って感じだけど(笑)
でもほんとに素敵です。


はて、抜け毛の問題がだいぶ解決した今、困っているのは、猫のおトイレの処理。
水洗トイレにウンチを流してはいけないという記事を見てから、トイレに流すのを控えているのだけれど。。臭うんだよねえ。。
みんなどうしているのかしら。また試行錯誤してゆきたいと思います。

[PR]
by koco_hinata | 2016-02-09 10:40 | cat's | Comments(0)

行きたいけれど……

d0180285_17244960.jpg
 □ lomography800 □ 

おそらくナツラのレンズの左側に、糸だか毛だかが引っかかっていたようです。
この写真と同時期に撮っている写真には全て、糸くずっぽいものが写ってしまっていました。
ぬおおお……。レンズ周りは要チェックですね。(←基本

写真は北陸の海〜。旦那のお引越しのときに訪れた海です。綺麗なエメラルドでした。人少ないし穴場でしたなあ。また行きたい。。

や、行きたいんですよ、北陸。すっごく。
旦那曰く、結構博物館とか美術館とかもいっぱいあるね、って言ってたからすごく興味津々だし、
景色もよいし、金沢前から行ってみたかったし、兼六園も行きたいし、美味しいもの食べたいし。
世界で一番綺麗なスタバ、だっけな。あそこも行きたい。ああいっぱい。

私の地元は笑えるほどになんもないのですね。もうその何もなさがネタにもなっちゃってるくらい何もないんですが、本当に何もないのですね(笑)だからいっぱい見たいとこあるのにい。

だってね、月一であれば交通費はお手当てでるし、旦那のおうちで寝泊まりすればよいのだからホテル代もなく遊べるじゃないですか。
というか、いっぱい遊び行こ〜〜って結構浮かれてたんですけどね。
意外といけない……。

旦那もこっちに戻ってきたいっていうのもあるだろし、仕事ついでに帰ってくることもあるし、
でもそんなことより何よりも、猫です。ネコズさんたちがね。。置いていけない……。

ネコズのせいにするわけじゃないのだけど、でもネコズがいるから行けないのは事実。

たまに実家へ一泊するだけでも、じゃあねーって家を出ると
「なんか普通のお出かけと違くない?どこまで行くの?ぼくたち置いてっちゃうの?」
って言ってる(みたいな)目で、ウルウルしたつぶらな瞳で見つめてくるんだよう……。

オスだからかそういう性格なのか、甘えん坊なのは確かだし、ほっといたりすると拗ねるし。

でもただ寂しんでるだけならいいんだけど、どうやらこのネコズ、人がいないと排泄をしないという、
結構困ったクセがあるっぽい……。
んでもどうしようもなくなったらそりゃするし、帰ってきたらもりもりしてて、
「おわ、くさっ、くっさっ!」ってこともあるから心配いらないと思う、思うんだ、けど。

ああ、大丈夫かなあ、水ひっくり返してないかなあ、とか。
ネコズも我が子のように心配なのですよね。

もう一つ、かわいそうな理由が、わが家は長く家をあけるとき、ネコズをリビングには入れないよう、
廊下と子供部屋のある方に締め出す形をとります。
そうすると、日中でも日光は届かないし暗いし寒いし。かわいそうなのだ。

親バカなんですよね……多分。過保護なの。
大丈夫かしら……餌食べるかしら……ちゃんとウンチするかしら……、と不安がってなかなか行けずにいるのです。

実家の母にちょっとうちに来てもらって様子を見てもらうことはできるのだけど、
それでも二泊以上、彼らは留守番に耐えられるのだろか……。やってみたことがないからわからないー。

でも我慢してもらわないと旅にもゆけないですからね。。連れてくわけにもゆかんし。
少しずつ留守番も練習させていかないとかな。

この頃、甘えん坊具合が増してる気がするので、なおさら子離れならぬ、猫離れできない母さんです。
(とはいえ、なんとかなるだろ、とも思ってたりもする、いい加減な母w

[PR]
by koco_hinata | 2016-02-05 17:13 | cat's | Comments(0)

天然湯たんぽモッフモフ

d0180285_09385374.jpg
 □ FUJI NATURA1600 □ 

大好きなご主人になでなでしてもらい中で、悦に入るネミさん。
旦那の下肢が写ってますが、どうぞ、お気になさらず(笑)

出会った当初は猫よりは犬かなぁ、と言ってた旦那も、今では多分結構な猫好きになってるもよう。(かといって犬も大好きだけれど)
LINEのアイコン猫だし(笑)間違いないw
なのに言うと認めない、そんなことはないというけど、うちに帰ってくると愛しげに猫を見つめていますよ。ふ……(笑)

はて、さむーいこの時季は猫のお腹がもふもふしていて気持ちがいいです。
運良くそばに来てくれると、もー天然湯たんぽ。
猫は平熱が38度前後。人間なら高熱でクッラクラしてしまう温度。
だからあーったかいんです。毛むくじゃらだしね。
お腹の部分は妙に毛足が長いせいもあって、モッフモフ。たまらんだす。

できればずーっと抱っこしてたいし、くっついてたいんだけど、抱っこは嫌いなんだよねえ。

時に甘えてスリスリしてきて鼻フガフガ(鼻のヒゲんとこを撫でつつ顔を包み込んでなでなですると、鼻がフガフガ言うので)を要求してきたりするのに、
くっつこう抱っこしようものなら、ひょいっと立ち去ってしまう、そんな気まぐれも含めて愛しいです、ネコズ。

我が家は寝室には入れないのでペットと一緒に寝れるおうちが羨ましくもあるけど、その欲求は昼寝の時、昼寝ならリビングだから、そこで消化することにします(笑)

ああ、飼い猫になりたい(笑)

[PR]
by koco_hinata | 2015-12-13 23:47 | cat's | Comments(0)

ドラえもんがタヌキと呼ばれる所以

d0180285_20192282.jpeg

ふと見ると、チミが全身総毛立ってベランダをガン見してました。
はじめは、誰かおるんか!?と私もビクッとなりましたが、思い出しました。
今日は工事で業者さんがくるから、プライバシーの関係でカーテンを閉めるように、と管理会社から事前に連絡があったのですよ。
ああ、それだわーと納得。
でも私がベランダを見たときには、もうロープが二本、垂れ下がっているだけだったけれど、チミは業者さんの姿でも見たんですかね、

ずーっとタヌキ(笑)

タヌキ、っていうのは怯えて総毛立っていると尻尾がぶっとくなってまるでタヌキみたいな容姿になるからそう呼んでいるのですが。

二本立ちしちゃってるし、総毛立ってふわっふわになっているし、
意地悪な主人ですけれど、まあ、面白くって可愛くって爆笑しました。

チミはそんな様子なのですが、一方ネミは全然ヘッチャラ。
もしかしたらチミは業者さんの姿を見ていたのかもしれないので、なおさらびびってたのかもしれませんが、だとしてもネミはロープに最初興味を示したくらいで、びびってはいない。

それよりも、チミが異常にビビりになって、ちょっとした物音や人の動きでビビりすぎてびっくりする様に、ネミがびっくりする、という状態でした。
兄弟でも全然違うねえ。

もうすーっかり昼間の出来事は忘却の彼方なのか、今はソファの洗濯物の上で、ぐでーと伸びて寝入っていますが、いやぁー面白かった。

なんて猫って行動がいちいち全て可愛いのでしょうな(笑)


[PR]
by koco_hinata | 2015-11-11 20:54 | cat's | Comments(0)

愛息子タチ

d0180285_09422105.jpg
 □ lomography400 □ 

きっれーな香箱座りだなァ、と思ってシャッターを切ったのだろう一枚。

猫のお得意の座り方、その形が香箱に似ているというところから名付けられている、いわゆる香箱座り。

前足がちょびっと出ちゃってるのはよく見かけるんだけど、ここまで綺麗に収納されているのは珍しいなァと。
尻尾までもがクルリとしまわれてますしね。これは上出来です(笑)

立ち耳のネミは割と綺麗に香箱作るんだけれど、反り耳のチミはきっちり収納しない、ちょっとだらしない座り方が多いです。

この綺麗に収納された香箱の状態で、頭伏せてると最高にかわいい「ごめん寝」が完成するのですが、なかなか「ごめん寝」はやらないなァ。残念。

d0180285_09420449.jpg
 □ lomography400 □ 

気持ち良さそうにいつも寝る寝る。。

この度このカーペットは旦那の単身赴任先へ持ってって、我が家はホットカーペットの上にツルツルカーペットを敷くことになったので、芝生みたいで心地の良かったモフモフカーペットがなくて、彼らはどこか寂しそうです。

ごめんよ、でも母さんは掃除しにくいからモフモフカーペットあんま好きじゃないんだ。。

子供と同様、寝てる時はほんとに天使。癒し。

しかし暴れだしたら大変。デカくてごつい体をバンバン壁やら床やらに突撃してドタドタ家中を走り回り、薄型テレビを踏み台にして棚の上に上がったりする……。
お願い……じゃれあいはいいけど、もう少しおとなしくしておくれよ……。(←まず無理

ンマー。

大暴れん坊の兄弟猫に手を焼く日々だけど、オスだからか甘えん坊でだいたい人の近くで寝てるかわいい奴らです。




[PR]
by koco_hinata | 2015-11-09 17:03 | cat's | Comments(0)

気持ちがよければどこででも

d0180285_19490480.jpg


とてもとても朗らかに気持ち良さそうに寝ている我が家のネコのネミさんよ、
気持ち良いところ申し訳ない、一言、言わせていただければ、ここはテーブルの上なのだ。食卓なのだ……。

この頃、ここの上に乗ってはいけない、というルールを徹底的に無視していたネミですが、ここ最近は、もういいんじゃね?とでも言わんばかりに、テーブルの上で寝ることも厭いません。
ただ上がってきているときは、霧吹きを差し向けて降りないとかけるぞ、と牽制するんですがね、基本的に図太い性格もあって、御構い無し。しまいにはこのざまよ……。

最近テーブルの上にあがってくる一番の理由が、私がiPadでキーボードを打つ作業時と、今飼ってるクワガタが気になるため。いや、……だけじゃないな……。

この写真を見てもわかるように、クワガタを観察してたら眠くなっちった、とでもいいたげの気持ち良さそうな寝顔。
姉さん(娘)が観察してない代わりに、おいらが観察してやってるんだよ、ほらこうやって寝る間も惜しんで見てるんじゃないか、と寄り添っているよう……(←違う

確かにすべすべの木の感触は冷たいし気持ちも良いだろうよ、エアコンの風もいい具合に来るだろう。

けどね、ネミ。やっぱり言わせて頂くけど、そこは寝床じゃない。降りなさい(笑)

[PR]
by koco_hinata | 2015-07-28 20:00 | cat's | Comments(0)

地獄のブラッシュアップ

d0180285_10365952.jpg
 □ FUJI PRESTO400 □ 

なんて可愛いんでしょう。まだちっこい時の我が家のネコズ。いとけない……。
今はこの3倍は体も立派になり、兄弟喧嘩も激しいものになりました。

ネコズは毛足が長めなので本当なら1日1回はブラッシングが必要ですが、我が家のブラッシング作業は、ちょっと手が空いたからブラッシングしよっか♬ なんて軽い気持ちではできず、気合いと支度が要ります。そして二人掛かりではないとできない。……まあ一人で軽くやることもなくはないけれど、その場合、後が大変。

なんせ二匹ともブラッシングが大大大嫌い。
トラウマにさせずにできたらよかったんですけどね……。トラウマになってしまったらしく、もう押さえつけながらやらないと刈れません。
羊毛刈りをテレビでもどこでも一目見たことがあれば、それを想像していただければいいんですけど、もわっさぁ、もわっさぁ、とブラシを通すと、羊のごとしあんな感じで二匹とも、長毛種ではないけれどやや長いために結構な毛玉が刈れちゃうんですね、これ活用できんのかね、ってくらい。
なもんで、うろうろ動かれるとそのフワフワの毛玉が部屋中に散乱するわけです。
ふわふわったって可愛かないからね。綿埃がポンポンあちこちに散ってるよなもんだから。

つまるところ、その場にいてもらわないといけない。
けどブラッシングは大嫌いだから逃げ出したい。
押さえていなければ逃走する、だから、押さえる。

なので、我が家のブラッシングはいささか乱暴です。
とっても軽い毛玉はどんどんフワァフワァと舞い上がってしまうので、側に掃除機を用意して常に吸い込んでもらいながらじゃないといけないし、だいたいは私が押さえる担当、旦那が刈る担当になっているので、私が前足を掴んで逃げ出さないようにするのですが、そもそも抱っこも嫌いで、捕まることが嫌いなネコズ様。そら嫌だろう。

五分くらいすると、ネミがナーオナーオと鳴き出してたまに噛んできます。比較的こういうとき大人しいチミも、その筋肉どうなってんだ?と目をみはるほど胴体をグニグニうねらせる。なんて柔らかい体。
もちろん逃げ出したいネコズは容赦なく後ろ足の筋肉を全力で使い蹴り上げてきます。爪出して。
動物ってのは、どんなに可愛くたって基本は獰猛なのだ……。だから油断はしちゃいけないのだ……。

毛玉と怒ったネコズからの怪我防止ゆえ、軍手をはめ、ごっそり毛が張り付いてもすぐ取れるシャカシャカジャンパーを着用し、毛が飛ぶからマスクをし、常に細かい毛を排除できるようコロコロも用意、と完全武装が必要で、よし今から毛剃りをするぞ、という私と旦那の双方の気合いが要る。

大げさだろwwww

と思われるだろう、わかっているさ、大げささ。だけどこれがスタンダードとなってしまった以上、今から違うやり方にするにはまたそれはそれで大変になるので、
ちょっと今回は違う方法でやってみよ♬てへ☆(ウインク☆)、なんて気持ちではできない。

写真のように子猫のときは毛が抜けなかったので、どこで寝てもよかったし抱っこしても服に毛がつくということがなかったけれど、今はまあ抜ける抜ける。

抜け毛についての攻防はいつぞやかにも記事で書きましたが、この抜け毛ってのはほんとに猫を飼っている人のテーマじゃないかとすら思えてきます。

デボンレックスというほとんど抜けない猫も今は人気らしいけれど、とりあえず我が家のネコズは抜ける種っぽいので、抜け毛のないところがない。

うちでこれだもの、長毛種の猫ちゃんちはどうしてるんだろう。実家の猫は短毛で、いやそれよりも実家自体抜け毛なんて気にしない家なので参考にならない。

抜け毛が多いということは、それだけ猫が食っているとも言えるため、やはりできるだけ猫の口に入る抜け毛を減らすブラッシングは必要不可欠な作業ではあるので、まーもっと楽にできれば気軽に毎日できるだろうから、試行錯誤がいるのかなあ。

ちなみに、ネコズの主なお手入れは他に風呂と爪切りがありますが、この二つもネコズは大嫌い。けれど都合上同日にやることが多いため、ネコズにとってはかわいそうなついてない1日決定のネコズ地獄の三点セットとなっています。


[PR]
by koco_hinata | 2015-06-03 21:04 | cat's | Comments(0)

トイレの攻防

d0180285_08232456.jpg
□ Kodak ULTRA400 □

ッシャッシャッシャッシャ……

夜中に音がするわけです。ッシャッシャッシャッシャ、すごい勢いでね、いやぁ〜な予感がしましたんでね、
それで仕方ないんで起きて隣の部屋を覗いてみたんですよ、そしたらね、いやぁ、びっくりしましたねえ、
あるんですよ、そこに、うんちが。

稲川淳二風に読んでいただけると幸いです。こっからは普通に書きます。

我が家のネコズは夜、基本的にカゴにしまいます。
夜中、放していると容赦無く部屋中のものを荒らすので、リビングに放置できないんです。

しかし、きちんと今日(あるいは昨日には)排便したか、を気にしていないとえらい目に遭う。

それで何度もカゴの中で粗相をされ、やれ掃除、やれ大掛かりな洗濯、やれネコズの風呂、失った毛布もいくつか。
哀しい思いは数え切れません。

んが、しばしば寝る時間になってもウンチをしてくれない。待てども待てどもしてくれない。
朝までウンチ待ちの様子見でソファで待ったこともあり、あれは非常にストレス。寝たいんだよー、こっちは。
なのにリビングのマイポジションで悠々と寝るネコズ……。
さすがのお母さんも、拳を握りしめバックに炎を背負ったりもしました。

うんこ待ちで睡眠を脅かされては困る!

というわけで、前回、チミさんがノー排便だった日に、ケージにトイレを入れて寝かせたんですね。
最近は、ネミさんがキャリーケースをお気に入りで、自ら入ってくれるので、ネミチミさん別々に寝とるわけですが、
一匹だしトイレを入れておけばいいじゃないか、と考えたんです。
だってケージの役割は本来トイレ入れて使うものだしね。

翌朝。

リビングに入るなり鼻を突き刺す異臭!嫌な予感が私の全身を包みます。むしろ異臭が。
ケージを見るなり額然としましたね、うんこと猫砂をほぼ全部ケージの外に掻き出してやがる……。
床に広がる猫砂と黒々とした物体……。
ざわ……ざわ……、ですよね。もう。ほんと。(最近カイジを旦那が見てるせい)

正当な方法をとったはずなのに、どういうことだ。平日の朝ですよ、一日で一番忙しい。
だって臭いじゃないすかァ……、うんこと一緒に寝るとか、自分あり得ないんで……、とでも言いたげなチミの顔。
私、掃除掃除掃除、旦那チミ連れて、風呂風呂風呂!!!(カイジ風)

致し方ないんです、責任は感じてるんです。
自分がやや潔癖なもんだから、子猫の時から、餌や排泄で汚そうものなら、常にハンカチ濡らして拭きまくってたんですね。
でも猫マニュアルにも、こまめに口の周りや手を拭いてあげると、毛づくろいを覚えるって書いてあったんだよ……。
そのマメなケアが裏目に出たのか、ネミもチミも、猫のキレイ好きという習性を超えて潔癖に近くなってしまった。特にチミ。

チミは普段からも猫砂を極力触るのを嫌がります。
だから排泄しても猫砂をかかないで、砂のないとこを掻く。エア砂かきをするんです。
掻き甲斐のあるものがあると嬉しいので、周囲に物があると、それで隠そうとします。
ネミが寄ってくると、ネミの体をシャッシャする、あれは面白い光景です、とか言ってる場合じゃないんですが。

更には、普段人がいる時は、排便して猫砂で隠される前にすぐに始末するので、すぐ臭いも消えるんですが、
お留守番の時などはすぐに始末されないので、いくらニオイシャットアウトな猫砂でも、臭うんでしょうね、
それが嫌で仕方ないようで、くどいほど隠すんですね、これはネミも。
なもんで、すぐ始末しないと、トイレの周りが掻きまくった猫砂でえらいことになっている。

昨夜は再び、やらかしやがりました。
また排便しなかったんでね、今回は前回の失敗も踏まえて、
子供部屋でリラックスしちゃってるし、子供部屋にトイレと水を置いて寝たんです。
それで冒頭の稲川淳二の怖い話に繋がるわけですよ。

幸い、ケージの粗相と違いうんこを撒き散らしてはいませんでしたが、
締め切った室内ゆえ、臭いのが許せなかったんでしょう、くどいほどかいた砂と、
砂じゃないもので隠したいチミのこだわりで水の下に敷いていた新聞紙がちょこっと犠牲になり、
水もややこぼれており、真夜中ですよ、なんじゃこりゃああああ、と。

at 03:30. せっせとお掃除。フンの始末。猫をいつものカゴにしまって、インザフトン。at 4:00. 目ェ、冴えちまったよ……。

キレイ好きも程々に、といったとこでしょね。
といっても、無理だなあ、相変わらず即刻始末をし、手とかも拭いちゃうんだろな、私。
二度に渡る、排便してない日の対策が失敗に終わり、
今後は結局、するまで待つ、が得策になってしまうのかと思うと、深くため息が出るので、まだまだほかの策を講じましょ。

だけどやっぱり猫が大好きです(笑)

[PR]
by koco_hinata | 2014-06-02 08:32 | cat's | Comments(0)

癒しの変な顔

d0180285_18015192.jpg
□ FUJI ACROS100 □

写真に困ったときは猫なんです、ネコズなんです。
大量に現像したはいいものの、主に使える写真は猫か梅しかないので、テーマに準じない写真だったりします、きっと。
そんなの今に始まったことではないと、そんなのわかってるけど、毎回弁解するのだ。

変な顔と題しても、写真は変な顔ではなくまだちっこいころのじゃれあいの一場面ですが。
猫の変な顔、と言えば、そうです、フレーメンです。

猫を飼ったことがあったり、馴染みのある人にはご存じのこのフレーメン反応。
どんな顔をするかというと、口を半開きにしたまま硬直する顔を言います。
わかりやすく、画像リンク貼っておいてみます、どんな顔か気になる人はレッツクリック! → フレーメン

人間は退化してしまっていて存在しませんが、
猫を含め動物(きっといない動物もいるだろうけど)に備わっている器官にヤコブソン器官というものがあり、
猫はそれが上顎の辺りに存在します。
フェロモンを感じ取る器官らしく、匂いを嗅ぐことで、その匂いの情報をダイレクトに脳に送り解析する器官。
その解析中の顔が、あのフレーメン顔なわけです。
(一応調べた上で書いてますが、違うよ、というご指摘があれば教えてくだされ!)

というわけで、あんな変な顔をしていても、「くっせぇなあ」などという、感情に結びついたものではないそう。
だけどつい、そう顔に準じたセリフを宛がってしまいたくなる、面白い顔なんです。

初めてみたのは、昔実家で飼っていた猫。
その時はフレーメンという反応とは知らず、なんだあれーw と笑って見ていたのですが。
インターネットが普及し、気軽に疑問を検索できるようになった今。
あれがフレーメン反応というものだと知りました。

けれど、これも猫の個体によりけり。我が家では、ネミはたまにしかしないのに対し、チミはしょっちゅうします。
匂いが強いトイレや自分のおしりはもちろん、なぜかしばしば私の指先、その辺のカーペット。
なぜそこにまで?というところを嗅いでは、「ハー」
(人間から見れば、ハーと言っているように見えるので、家では「またハーしてる」と表現)

一番楽しいのが、ヨーグルトやアイスクリームなど乳製品を食べたあと、掠め取ったほんのわずかなそれらを
チミの鼻先にチョビっとつけると、決まって必ず「ハー」とするのです(笑) 
それも連続でやると匂いに慣れるまで連続で「ハー」します。その顔のなんと間抜けなこと。

ついあの顔が面白くて、匂い嗅いでるなあ、というときは目線が外せないし、アイス食べたあとは、ペロっとつけたくなる。
同じことネミにもしてみるけど、ネミはしないんだよねえ。不思議。ネミは私の指先嗅いでもフレーメンしないし。

癖になるフレーメン反応。
もし近くで猫が「クンクン」、一心不乱に匂いを嗅いでいる姿を見かけたら、目線を外さず観察してみてください。
きっと「ハー」と固まった姿を見せてくれると思います(笑)



[PR]
by koco_hinata | 2014-05-14 18:36 | cat's | Comments(0)