ココ色吐息

カテゴリ:photograph( 53 )

明るさとの戦い

d0180285_14313305.jpg
先週のブルームーンはiPhoneでは撮ったものの、Kiss X3では間に合わずで撮れず……。

ちょこっと充電したら撮ろうと思っていたのですが、そろそろ、と様子を見に行くとちょうどマンションの玄関側と窓側の間、要するにマンションの真上へ来てしまい、見えない位置に。観れた頃にはだいぶ上まで上がって小さくなってしまった。iPhoneで撮った時はすっごく大きくて輝きも強かったのだけど……。惜しいことをした。

ブルームーンのデジイチ撮影は失敗に終わってしまったのだけど、先日、二日前くらいかなあ、あれ昨日かな、その夜の月がまるで月食の時の部分食のような月で素敵だった、これは撮らねば!ちょうど充電も満タン!とKissを取り出していざ撮影!

しっかし……。

ISO1600にして夜間の感度にしているのに、月は思いの外明るいのか、肉眼で見ているような写りにならない……。
肉眼では大きく、そんなに輝かず、どんよりと見えている部分のクレーターが見えるのに、撮影すると月だけ白飛び。

いっつもうまくいかないんだよなー……としょんぼり自宅に戻り、ちょうど旦那が帰宅していた時間だったので夕飯の支度などをしつつ、なんでだ?なんでだ?露出補正も一番暗くしているし、じゃあどうしたら……と思案。

月が明るすぎるんだ、月に露出を合わせればいいのだけど、、と考えていると、いつも設定を絞り優先にしていたことに気がついた。

これ、シャッタースピード優先にして、遅めのシャ速にしたら月は肉眼通りに写るのでは?

それだ!!それそれ!慌てて夕飯準備を放り出して、カメラを小脇に自宅を飛び出し、シャッタースピード優先モードへチェンジ!とりあえず1/200になってたけど、それで撮ってみた。

それがこれ。載せた写真。

いつもいつも月食とかで月を撮るたびに、なんかうまくいかない、肉眼で見ている通りにならない……という不満がやっとこ解消された。

というか、ちゃんと勉強して調べていればすぐにわかる、超絶基本的なことなのですけど(笑)
人より100歩理解が遅い私の、モノの理解がこういう回りくどい原理となっているのが、まさにこの状態です(笑)

それにしても、見ている通りに撮れると嬉しい!別段いい写真というわけではないけれど、自分が見ている景色に感動してシャッターを切ったものが、その通りに写ってくれるとやっぱりテンション上がります。
その通り以上の出来だったらもっと感動するのかしら。

こんな調子で写真の知識や学習は、ナマケモノの動きよりも遅いのんびりペースですけれど、ちまちま深くなっていけたら、幸いでございます。


[PR]
by koco_hinata | 2015-08-05 20:27 | photograph | Comments(0)

わっさわさ

d0180285_10183538.jpg
□ Kodak ULTRAMAX400 □

もう梅の季節も終わろうとしておりますね。結局今年は見れず仕舞いでした。残念。

それにしても、肉眼で梅や桜など花を見ている時、咲き乱れている全体像が美しくて見惚れ、それを納めたいと思い、シャッターを切るのですが出来上がった写真は毎度ながら、モッサモサしているだけ、散漫としていて美しくない。この写真がまさにそうですけれど。

これはただ被写界深度を深くすればいい、って問題じゃないんだろうなあ。なんだろ、どうしたらあの壮大な美しさって表現できるんでしょうね?いつもいつも撮るけど失敗。

あ、ちなみに周辺光量が思いっきり落ちて覗き穴みたいになってしまっているのは、レンズがフルサイズ用ではないため。デジタルカメラのAPS−Cサイズ専用のレンズを、フィルムカメラに無理くりくっつけるとこうなってしまう。。何故そんなことに?というこの失敗談は確かブログ内のどっかでしゃべってます(笑)

ん、これってマクロレンズだけど、マクロだと全体の写真がぼんやりするって、わけでもないよねぇ?
オールマイティに使えるマクロレンズを選んだと思ったんだけどなぁ、私の下調べはいつもどこか抜けているので怪しさ満点。

無理やり美しさ繋がり、で。

美術に造詣があるわけでは決してないけど、美術関連って見ているとものすごく刺激になるので、腰も痛くなるし、よくわかってないんだけれど、写真展や美術館は好きです。
私みたいなおばかさんは単純なので、見ているだけで頭がよくなったんじゃないかという錯覚をくれるので好きなんです(笑)絶対ありえないんだけど、錯覚ですよ、錯覚。
アートってのは表現に直結しているからきっと見ていて刺激になるんだろな。

その「私、頭よくなったかも」感を存分に感じさせてくれる、Eテレの美の壺とテレ東の美の巨人たちが好きで録画予約してあるんですが、もうずっと放置君……。見ろよ!(笑)
ちいと前は、時間見っけて写真展や美術館もいったりしてたのだけど、怠惰の誘惑に負けっぱなしだわ。

このところ語彙も浮かんでこないし、写真もこんなんだし(笑)少し刺激が要るのかも?


[PR]
by koco_hinata | 2015-03-16 19:50 | photograph | Comments(0)

浅い

d0180285_19495933.jpg
□ Kodak SG400 □

こういう写真の時は、もう少し絞ったほうがいいね。
そうすると花に全体的にピントが合って、ところどころピンボケしたりせず後ろだけボケてくれるんだろな。
5.6か8、シャ速が得られないと、開放寄りにする癖があるからこうなるんかな?
ちゃんと絞る時は絞らないと、全体的にボワボワしてしまうなー。
そして何度やってもこの癖が取れない(笑)学べー。

ちなみにこれは、昨年わがままを言って鎌倉の長谷寺へ紫陽花を撮りに出かけた際に撮影したシモツケの花。
というわけで季節外れのお花でございますが(笑)そこはご愛嬌。

んわーなーんも面白いことを書けそうにないので、今回はこの辺で。。

[PR]
by koco_hinata | 2015-02-07 10:02 | photograph | Comments(0)

アガリ

d0180285_18310067.jpg
 □ Kodak ProfotoXL100 □ 

ひっさしぶりに写真が上がってきましたー。
どれもこれも、ひでぇ出来!(笑)と笑ってしまうようなモンだけど、やっぱり目の前に写真ができると気持ちが高揚してきます。

今回の写真は、この前のスタジオ撮影の時のもの。
環境が整ってると撮りやすいね(笑)ソレっぽい感じになってるでそ?

それにしても今回はブレが多かったなあ……。多分ほとんどが手ぶれ。
構えがなってないのと、シャッター速度が遅くてブレやすくなるせいかな。
曇天でISO100とかだと、ちょっと日陰にでも入ろうものなら室内撮影みたいにシャ速が得られないもんね。
なのに慌てて撮るからブレるのであるw

フィルムを頼んでただいま到着待ち。到着したら早速装填して、なにがしかは撮ろう。

[PR]
by koco_hinata | 2015-02-05 18:34 | photograph | Comments(0)

ベタっとパキっと

d0180285_10574496.jpg
 □ UXi200 □ 


当たり前なんだけど・・・
晴れている日と曇っている日の写真のコントラストが全然違う。この違いってなんなんだろう。
UXi 安いしすごい使ってるけど、これほんとにUXi?って見紛う写り。

写真の写りは、カメラ、レンズ、フィルム、現像、プリント、etc...(何より撮る人の力量・・・(´・ω・`))で変わって、
条件の一つでも変われば、それぞれ違う一枚になるし、一概にフィルムよりけりとも断言できませんが。

この日のNATURAさんの色みはとっても好みでした。べたーっとした色の付き方が。
NATURAの特徴っちゃ特徴かもしんないけど。(知っとけよw)

ボヤンとしている一枚よりかは、パキっとコントラストやシャープネスがはっきりしていて、
油絵みたいにベタっとした色が好みなのかも、と改めて感じたかもしれない。

比較的やはり光量が豊富な晴天下ではそういう写真が多いのだけども、
曇天でも同じように、パキっとしていて色が鮮やかな一枚を撮るにはーさてどうしましょうね。

今は梅雨だし、日本の夏は湿度が高いので、もやもやとした空色の日がやはり多いわけです。
カラっとしていない日でも、カラっとした写真を撮るためにはー 果たして何が必要なのかしら。調べてみなきゃねー。

私の写真は特に晴天下でも、フレアしていることが多く、ぼんやりしている写真が多々見受けられるので、
これはやはりフードを買うべきなのか、フードなくとも露出補正などでなんとかなるものなのか
もう、三年くらいはカメラやってんだから、いい加減知っておいた方がいいんじゃないかと感じて少々焦っております(笑)
[PR]
by koco_hinata | 2013-06-28 11:37 | photograph | Comments(0)

マクロ

d0180285_1134338.jpg
 □ FUJI 業務用400 □ 


最近は調子が悪かったー。
体調はよくて、食欲ありすぎて、このままでは激太りする・・・っ(;◉;д;◉;) と思い困っていたくらいなんですが、
とにかくメンタル面がダメダメ!! 情緒不安定というかね、まああ、イライラがすごい。何をしてもボンヤリするし。
頭が回らないというか、夢の中にいるみたいに、ふわっふわしてましたね。それはそれでしんどかった。

原因はその後すぐにわかったのですけども、体に来る時もあれば、精神面でやられる場合もあり・・・。
婦人科行こうかなあ。でもピル飲み続けないと意味ないもんね。結構金かかるしさ。結局、そこなわけです。
日常に支障をきたし、家族に著しく迷惑をかけるレベルであるなら、飲む意義もありそうだけど、そこまでじゃないしなあ。
ふーむ。でも、めんどくさいよ。毎月半月以上は、微妙に具合悪いか、イライラしてるかなんだもん。めんどくさいね、女ってっ!!

さて、話はガラリ!と変わりますが、今回の写真は、冬のボーナスでゲットしたマクロレンズ。
すっかりそれで撮影していたことを忘れていて、出来上がった写真を見て、
「なんでこの写真、周辺光量落ちてんだ・・・?」とちょっと焦りましたが、そう、APS-Cサイズ専用(確か)だったからなのでした。

惜しいなあ。結構写りいい。(写真の出来を考えたら偉そうなこと言えないけど)
被写体はパッキリ写ってくれるし、色もはっきり出てるし(新しいしね)やはり、寄れるのは魅力です。
周辺光量落ちるし、EOS100のオート機能は狂ってしまうのでマニュアルじゃないといけないけど、
撮れないことはないから、反則だけど使い続けるのもアリかも、なんて見ていて思いました。
背景ボケも綺麗だしさー。

ほんと、ちゃんと商品については調べないかんよ(笑)
でも、これなら使えるし、使ってまえ!!(笑)だって勿体ないっ!!!ボーナス叩いたんだからー!(゜つД`゚)ウッ・・
ネコズもいることだし、マクロは活躍しそうだもんね。よーし、早速、取り付けるぞーう!

あーもっと写真のセンスあがってほし。どうしたら持てるんだろ。誰かおせーて!!!
[PR]
by koco_hinata | 2013-06-06 11:32 | photograph | Comments(0)

イチョウイエロー

d0180285_1418745.jpg
 □ UXi200 □ 


そういえば紅葉写真を続々と、なぞと言いつつ銀杏を載せていなかった。
銀杏は撮らねば~と躍起になって撮りにいったのにも拘わらず(笑)
でも、じゃあ何の写真にしようかな、とファイルを開けば、載せねばならないほどの写真がない悲しい現実。
……いいのいいの!!ザ・自己満足!!

カメラ構えてファインダーを覗いている時にはある程度のイメージを描いているつもりが、
実際写真になってみると、な~んかあれ~? ってなるんだよなあ。まだイメージ力が足りませんかね?
みんなどうしてそんなに美しく撮れるのだろー。
この鮮やかな黄色が、わっさぁ~!!(他に言い方なかったんかい)となっているさまを肉眼で見て、
感動して、それを残したくて、形にしたいだけなのに。想像し、形にするって、なんと難しいことか。
[PR]
by koco_hinata | 2013-03-13 14:28 | photograph | Comments(0)

虫食い穴の美

d0180285_12143811.jpg
 □ UXi200 □ 


紅葉を見まくっていた公園で、上を見上げれれば空を透かす虫食いの葉。
まだ落ち葉になる前で、透かされた青空と虫食い葉になんとも心惹かれ。
この様をうまいこと撮れないものか、とシャッターを切ったのですが、予想以上にイメージ通りだったので嬉しい一枚。
まあ、大したことはないのですけども(笑)

元々は虫食いの穴などは苦手。虫が苦手、というよりは、ああいう穴の集まりや、小さいものの群集というのがダメ。
大昔高熱を出した時に見た幻覚が、そういう小さなものの集団だったんですが、それ以来鳥肌が立ちゾっとしてしまう。

そういえば、無数の水玉や網状のデザインで知られる草間彌生は、
幼い時に見た幻覚や幻聴がそういったデザインに影響していて作品に反映されているらしいですが、
考えてみると恐ろしいものを形として表現するということは、それと常に向き合わねばならないということで、なかなか通常では困難なこと。
草間さんは、そうしたことで恐怖から逃れる術だったとも言われてますが、うーん、自分に置き換えてみると難しいな。
その前に、自分なんかを引き合いにしてはいけないですけどね(笑)

ちょいと逸れましたが、そんなわけで集団性のものは基本的に苦手です。
だけど、この虫食い穴には、ぞっとしながらも美しさを感じてしまったんだよな。不思議。
(この写真が、美しい出来になってるかはさておき)
そうした発見やら、新しい感覚に、写真を撮るようになってからよく出会います。
[PR]
by koco_hinata | 2013-02-26 12:33 | photograph | Comments(2)

It's Red!!

d0180285_2091243.jpg
 □ UXi200 □ 


ちょっと近くの公園へモミジとイチョウを目当てに撮りに行った時のもの。

例年よりも、ここに植わっているモミジの色づきがよく、とても鮮やかな赤に染まっていました。
構図だとか細かいところはちょっと目をつぶっていただきまして(笑)自分が思っていた通りの色合いで撮れてたのは嬉しかった!
いくつかはアンダーになっていて、ちょっと赤茶に近い色になっていたのもあったけど、この辺の写真はどれも綺麗な赤になったなあ。
露出まあまあ成功? いやはや 現像時に修正してくれたかもしれないしw でもいいよね、ね、ね?(誰に聞いてるw)

d0180285_20143442.jpg


こっちはちょっと上より暗め。(構図が同じなのは無視! 同じ構図で撮るのも勉強・・・だもん ←言い訳)

露出やら色合いは今回結構嬉しい出来だったけれども、やはり構図がつまらないものが多いなー
安直というか・・・ でも露出合わせるのとピント合わせでいっぱいいっぱいとなり、どう撮りたいのかはそっちのけに・・・
ふむ・・・ あーだこーだ言ってもしょうがない、もう撮るしかないよね。ガンバロー。
あともうちょっといろんな方の写真も拝見していかなくちゃ!
[PR]
by koco_hinata | 2013-02-15 20:21 | photograph | Comments(0)

燃えるような

d0180285_13412659.jpg
 □ UXi200 □ 


キター、季節外れの紅葉。(去年も同じような冒頭文書いたような・・・(´゚ェ゚))

昨年秋、紅葉が見たいんだYO!!と我儘を言い、旦那に長瀞まで連れてってもらったときのもの。
これからしばし、長瀞と近所で撮った紅葉模様を数回に渡りお届けして、更新停滞の解消に利用しようと考えています(笑)
大した写真は登場しませぬが、どうぞお付き合いくださいませw

赤やオレンジ、黄色のグラデーションが鮮やかなモミジの葉。メラメラと燃える炎のよう。こんな情熱を持ちたいねw
確か、この木は綺麗なんだけどちょっと遠かった。
なもんで、この日は晴天で空も綺麗だったので、毎度おなじみの構図で撮ったもの。この構図多すぎる(笑)
空の青のコントラストがもうちょい濃かったら、モミジの赤系の色合いと対照的になれたかなあとも思いつつも。
それは露出だけじゃなくフィルムや現像にもよるやろか。難しいね。

でもいつも遠景がボンヤリする癖が今回、目が痛くなるほどピント合わせに神経使っただけあってちょっとパッキリできてたのが嬉しい。
(それでも5本現像して、半分くらいはピント甘くて凹んだけんども)
やっぱりピント合わせは怠けず頑張ろう(笑)
[PR]
by koco_hinata | 2013-02-14 13:55 | photograph | Comments(2)