ココ色吐息

<   2015年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

面倒な鞄間移動の必需品

d0180285_14184413.jpg
 □ Kodak SG400 □ 

写真と本文全然関係ありませんが、透明感……っぽい?というこじつけなチョイスで失礼します。

今の仕事では、カバンなどはロッカーへ入れ、現場へ持ち込みたい私物は透明のバッグで持ち運びしなければいけません。

私は常勤ではなく単発で仕事に入るので、その都度借りればいいのだけれど、一度きりではなくしばしば入る仕事なので、毎度カバンからの入れ替えが非常に面倒だった。なぜなら持ち物が多いからなのですけれど。これでも少なくしたんだよねえ。しかしながら多い。そして減らせない。むしろ増える。

常勤なら文具類とかあんちょことかをいっそ現場へ置きっぱにできるのですが、単発だとそれが不可能なのでだいたいいつも持っていかないといけない。

なもんで余計に荷物がわんさかあるのですね。んまー持っていける現場だからよかったけどね。仕事によっては財布すらろくにもっていけないところもあるし、私物を置く場所がないところもあるだろうし。幸い、今までの仕事では多い少ないはあるにせよ私物は持ち込めるところだったからよかった。

さて、毎度ながら透明バッグを借りて入れ替えるということすらめんどくさくなった私。自腹で購入しました。

楽。とっても楽。なんてったって最低限の持ち込み用荷物をすでに透明バッグへ詰め込んで、バッグインバッグのごとくカバンに入れてしまえばいいのだ。そして現場についたらカバンからさっと取り出せばOK。私物のカバン間移動はほぼなし。(厳密にはユニフォームとか細々とあるものはあるけれど)

自前だから乱暴に使ってもいいしね汚くないしね。買って間もないから当たり前だけど、壊れてないしね。借りてたときは以前使った人がおそらくお菓子とか入れてたんでしょうか、塩か砂糖まみれになっていることがあったり、破れまくっていたり、なんじゃこりゃあ、というハズレもありました。その心配も今はない……!

そんな透明バッグ1代目はSSサイズにしていたんです。だいたいそのサイズだから。だけれど最近になって溢れるようになってしまった。減らしているはずなのに。それどころか、透明バッグとプラスサブバッグを持つことも。(備品を持ち込むことがあるからだけども)

溢れてくると何が困るって持ちにくいことと落としてなくし物をしてしまいそうな不安感。ヘアゴムひとつですらなくし物をしたくないのに。なんて恐ろしいのだろう。

そして溢れるということは、カバン間移動の私物が増えてしまったということ。つまるところ、めんどくさくなってきた。

それでも小物はポーチへ整頓したり、仕事用は別で用意しておいたりと、工夫はしているはずなのに何故増えるのだろう。減らしているのに。

確かに使っていないものもある。もしものための携帯用リセッシュとか。なんたってもしものときのため、だから、そう頻繁にもしものときはない。けれどスタメン入りさせていないとちょっと不安だし、二軍落ちにした途端にやっぱり必要だった、持っているべきだった、ってなるんだ絶対に。だからやっぱり今は使っていない出番のない小物たちも外すことはできない。だから減らない。減らしているのは頭の中でだけ。

ならもう、器をでかくする以外にないだろう。心の器ではなく現実的にバッグのでかさ。心の器はもう大きくなりませんよ、ええ。

なので今度はMサイズを購入。これはただいま到着待ち。からの、到着しました。
これでほとんどの私物を網羅できるぞ、フッフッフッ。(どんだけ多いんだ

きっとこれでもたりなくなって、やっぱり肩からかけられたほうが楽とか思い始めてLサイズを入手するのもそう遠くない未来な気がします。この仕事している限りは(笑)


[PR]
by koco_hinata | 2015-08-11 15:31 | goods | Comments(0)

明るさとの戦い

d0180285_14313305.jpg
先週のブルームーンはiPhoneでは撮ったものの、Kiss X3では間に合わずで撮れず……。

ちょこっと充電したら撮ろうと思っていたのですが、そろそろ、と様子を見に行くとちょうどマンションの玄関側と窓側の間、要するにマンションの真上へ来てしまい、見えない位置に。観れた頃にはだいぶ上まで上がって小さくなってしまった。iPhoneで撮った時はすっごく大きくて輝きも強かったのだけど……。惜しいことをした。

ブルームーンのデジイチ撮影は失敗に終わってしまったのだけど、先日、二日前くらいかなあ、あれ昨日かな、その夜の月がまるで月食の時の部分食のような月で素敵だった、これは撮らねば!ちょうど充電も満タン!とKissを取り出していざ撮影!

しっかし……。

ISO1600にして夜間の感度にしているのに、月は思いの外明るいのか、肉眼で見ているような写りにならない……。
肉眼では大きく、そんなに輝かず、どんよりと見えている部分のクレーターが見えるのに、撮影すると月だけ白飛び。

いっつもうまくいかないんだよなー……としょんぼり自宅に戻り、ちょうど旦那が帰宅していた時間だったので夕飯の支度などをしつつ、なんでだ?なんでだ?露出補正も一番暗くしているし、じゃあどうしたら……と思案。

月が明るすぎるんだ、月に露出を合わせればいいのだけど、、と考えていると、いつも設定を絞り優先にしていたことに気がついた。

これ、シャッタースピード優先にして、遅めのシャ速にしたら月は肉眼通りに写るのでは?

それだ!!それそれ!慌てて夕飯準備を放り出して、カメラを小脇に自宅を飛び出し、シャッタースピード優先モードへチェンジ!とりあえず1/200になってたけど、それで撮ってみた。

それがこれ。載せた写真。

いつもいつも月食とかで月を撮るたびに、なんかうまくいかない、肉眼で見ている通りにならない……という不満がやっとこ解消された。

というか、ちゃんと勉強して調べていればすぐにわかる、超絶基本的なことなのですけど(笑)
人より100歩理解が遅い私の、モノの理解がこういう回りくどい原理となっているのが、まさにこの状態です(笑)

それにしても、見ている通りに撮れると嬉しい!別段いい写真というわけではないけれど、自分が見ている景色に感動してシャッターを切ったものが、その通りに写ってくれるとやっぱりテンション上がります。
その通り以上の出来だったらもっと感動するのかしら。

こんな調子で写真の知識や学習は、ナマケモノの動きよりも遅いのんびりペースですけれど、ちまちま深くなっていけたら、幸いでございます。


[PR]
by koco_hinata | 2015-08-05 20:27 | photograph | Comments(0)