ココ色吐息

<   2016年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ニオイとの戦い

d0180285_09441603.jpg
 □ lomo400 □ 

猫のトイレの匂いには日々奮闘しています。

猫自体は体臭がほとんどないのですが、糞尿の匂いはやはり強烈。
我が家は廊下にトイレを置いているので、玄関開けたらサトウのごはんじゃないですけど、オシッコ臭い、という状態になってしまいます。
別にVIPな来客なんてありませんが、やはり人を迎える玄関が尿臭いというのもよろしくないということで、奮発して脱臭機を置くことにしたところ、アンモニア臭はだいぶ緩和。

しかし、去勢したとはいえオス2匹だからか、オシッコのニオイは強く、2週間ないし1ヶ月に一度は猫のおトイレを丸洗いしないとアンモニア臭がこびりついて、脱臭機をもってしても拭いきれない時があります。

つまりはどんなに脱臭剤や脱臭機を用いたとしても、ニオイの根源を断たなければ、やはりニオイって取れないのだな、ということはわかったのですが。

ここで問題が一つ。

あるネットの記事で、猫の糞をトイレに流してはいけない、というのを、以前見まして。
猫の糞には飲み込んだ毛なども混じっているので、繰り返し流していると詰まるのだそう。
それでトイレが詰まってえらい目にあった、という体験談を見て、うそおおん、とぞっとしました。実家ではずっとトイレに流していたのになんともなかったし。

それまで我が家のネコズのウンチはトイレに流していたのですが、それを機に燃えるゴミの際に捨てることに変更しました。

トイレに流していれば当然ながらウンチは部屋から消えるので匂いは残りません。
でも週2回のゴミの日が来るまでの間、せいぜい2、3日ですが、ウンチが家に残されていることになります。
もちろん匂います。
ホカホカの時も臭いですが、日が経つにつれて匂いの度合いは増し、強烈な悪臭となります。

これが悩み。

強力な脱臭機や脱臭剤をもってしても、ニオイの根源を断たなければ根本的にニオイはなくならない、わけなのでどうしてもどうやっても臭いんですよね。

それまではビニール袋入れて口を縛ってスーパー袋に入れてそこも口を縛って、ウンチ用のゴミ箱に入れていますが、溜まってくるとフタが閉まっていてもニオイが漏れ出てくる。

猫の抜け毛同様、【気にしないで暮らす】という達観ができたらいいですが、やはりお友達も来るし、猫だって臭いよりは臭くない方がきっとよいはず。

何かないものかと、レッツ知恵袋検索。
生ごみ処理機、というアイデアもありましたが、猫の糞のためだけに生ごみ処理機を買う余裕はさすがになく……。もう少し簡単な方法はないものか。
で、見つけて実践してほんの少し抑えることができたのは、一度新聞紙にくるんでからビニールに入れて捨てる、というもの。
やはりそのままビニールよりもニオイは抑えられましたが、それでもやっぱり臭い。
当たり前だけど臭い。

ゴミ箱に引き裂いた新聞紙を敷きつめたりもしましたが駄目ですねえ。

そこで、冷蔵庫用の(野菜室用だったかな)の脱臭炭をゴミ箱に入れてみることにしました。
するとしないときに比べてかなり緩和したような。
それまでウンチを捨てた後のウンチのないゴミ箱もニオイが移ってしまい臭かったのが、脱臭炭を入れてからはウンチがなければさほど臭わなくなりました。

でもやはりね、ウンチがたまるとニオウんだなあ……。

今現在は、新しく消臭剤を新調したばかりなので、凄まじい消臭剤のニオイで誤魔化されていますが、これは効力がなくなってきた時に化けの皮が剥がれてしまうので解決にはならないんだなあ。

やはり何度も書いているように、ニオイの根源を断たなければ根本的に解決しない、ということですかね……。

ってなんの解決にもなってない!?

いやいやそんなことは……。
まだ、解決はしていませんが、今後も少しでも快適に猫と暮らせるよう試行錯誤していきます。

[PR]
by koco_hinata | 2016-06-15 09:14 | cat's | Comments(0)