ココ色吐息

タグ:Carl Zeiss T* Planar 50/1.7 ( 54 ) タグの人気記事

あなたの夢は

d0180285_14453699.jpg
 □ FUJI PRESTO400 □ 
結構ぶれてるなあ、この写真……。

どんなストーリーだったかまではもう覚えちゃいないが、どこで出会ったんだか初老の男性と接吻する夢を見た。
なんでまたそんなことになったか、もちろん最初は拒んだものの、
これはしといた方がよさそうだ、と判断したのだろう、受け入れていてしかもなかなか濃厚だった。

誰に似てただろ、わからないけども、起きた時にそこまでショッキングではなかったのは、
初老の男性がそこそこ渋めで、不細工ではなく、デブでもハゲでもなく、洒落ていて、かつ、ものすごい金持ちだったからだと思う。
(あ、今思うと、SMAPのゴローちゃんの同居人である、ヒロ君にちょっと似ている気がする)

まずその店も、えらいラグジュアリーで、照明とか装飾がクラシックなデザインでムーディで、高級なバーみたいなところで、
私自身もドレッシーなカッコをしていたし、なんだろその人、パトロンみたいな。そんな感じ。

そこで終わりだったらまだ綺麗だったものの、そのあとどうやら送ってくれるというので帰る支度をしていた私は、
自宅は遠いしここは催す前にトイレへ行っておこう、と思ったのだろう、ちょっとお手洗いへ……と席を離れた。

このトイレがおかしなトイレで、ラブホテルの風呂場かのごとく個室の外から丸見え、個室の中には二つの便器が設置されている、だけど超ラグジュアリー、
ってだけでもあり得ないのに、すでにクレイジーなハゲで全裸のおじさんが汗びっしょりで用を足していた。それも座って。

個室は外から丸見えなのだから私は自分が入るトイレに、ハゲの全裸おじさんが入っていることがもうわかっているはずであるのに、
私は、おじさんがいて気持ち悪いなあ、しかもなんか変なポーズだし、やだなあ、と思いながらトイレに入るのだから、意味が分からない。
おじさんは汗をびっしょりかいていて、やっぱり全裸のままでひどく慌てた様子で、私より先に個室を飛び出してどっかへ行ってしまった。

接吻していた相手がこのハゲの全裸おじさんでなくて本当によかったと思う。だから余計にそんなショックじゃなかったのかしら。

以前にもホラー小説になりそうなほど怖い夢を見た、という記事を書いたが、とかく濃ゆい夢を見ることが多いらしい。
少し前に見た夢も濃かった。

序盤は、夢の中では同じ学生であるらしい博多華丸・大吉の大吉さんとどうやら恋人なのか、私の片想いなのか、
腕を組んでて仲良さそうにしていてすっごく幸せな気持ちでいっぱいの夢だった。

ほっこりしちゃうような、そういう夢だったのに、どこかで他のメンバー含めて集合場所があり、じゃあまたそこでと別れたあと、
私は誰かの運転する車に乗って、その現場へ高速に乗り向かっていたら、目の前の車が突如とち狂った動きでぶっ飛んでいき、
その勢いで中央分離帯を乗りあげて反対車線へ突入、(その夢の高速も植木が植わっている程度の分離帯)
反対車線の車と派手に激突、巻き込まれた車も含めて爆発、炎上、後から追突していく観光バスなんかも巻き込まれて、
アクション映画かのごとく、ぼっかーんと爆発して燃えていた。
炎の勢いはすさまじく、こちら側にまでどんどんやってきて荷物持って火の手のない場所まで逃げていくという夢だった。

あまりにもしょっちゅうこういった夢を見るので、専属の夢占い師でも常駐して、常に私の深層心理を分析していただきたいよ。
いろいろな要因が複雑に絡み合っていて、本で見たり、ネットで調べてみても、よくわからないことが多いんだもの。
一体全体、私は何を求めているというのか、何を象徴しているというのか、ぜひとも教えてほしい限り(笑)
こんな夢ばっかり見るもんだから、どうりで朝から疲れているわけだ。




[PR]
by koco_hinata | 2015-06-22 18:03 | daily | Comments(4)

地獄のブラッシュアップ

d0180285_10365952.jpg
 □ FUJI PRESTO400 □ 

なんて可愛いんでしょう。まだちっこい時の我が家のネコズ。いとけない……。
今はこの3倍は体も立派になり、兄弟喧嘩も激しいものになりました。

ネコズは毛足が長めなので本当なら1日1回はブラッシングが必要ですが、我が家のブラッシング作業は、ちょっと手が空いたからブラッシングしよっか♬ なんて軽い気持ちではできず、気合いと支度が要ります。そして二人掛かりではないとできない。……まあ一人で軽くやることもなくはないけれど、その場合、後が大変。

なんせ二匹ともブラッシングが大大大嫌い。
トラウマにさせずにできたらよかったんですけどね……。トラウマになってしまったらしく、もう押さえつけながらやらないと刈れません。
羊毛刈りをテレビでもどこでも一目見たことがあれば、それを想像していただければいいんですけど、もわっさぁ、もわっさぁ、とブラシを通すと、羊のごとしあんな感じで二匹とも、長毛種ではないけれどやや長いために結構な毛玉が刈れちゃうんですね、これ活用できんのかね、ってくらい。
なもんで、うろうろ動かれるとそのフワフワの毛玉が部屋中に散乱するわけです。
ふわふわったって可愛かないからね。綿埃がポンポンあちこちに散ってるよなもんだから。

つまるところ、その場にいてもらわないといけない。
けどブラッシングは大嫌いだから逃げ出したい。
押さえていなければ逃走する、だから、押さえる。

なので、我が家のブラッシングはいささか乱暴です。
とっても軽い毛玉はどんどんフワァフワァと舞い上がってしまうので、側に掃除機を用意して常に吸い込んでもらいながらじゃないといけないし、だいたいは私が押さえる担当、旦那が刈る担当になっているので、私が前足を掴んで逃げ出さないようにするのですが、そもそも抱っこも嫌いで、捕まることが嫌いなネコズ様。そら嫌だろう。

五分くらいすると、ネミがナーオナーオと鳴き出してたまに噛んできます。比較的こういうとき大人しいチミも、その筋肉どうなってんだ?と目をみはるほど胴体をグニグニうねらせる。なんて柔らかい体。
もちろん逃げ出したいネコズは容赦なく後ろ足の筋肉を全力で使い蹴り上げてきます。爪出して。
動物ってのは、どんなに可愛くたって基本は獰猛なのだ……。だから油断はしちゃいけないのだ……。

毛玉と怒ったネコズからの怪我防止ゆえ、軍手をはめ、ごっそり毛が張り付いてもすぐ取れるシャカシャカジャンパーを着用し、毛が飛ぶからマスクをし、常に細かい毛を排除できるようコロコロも用意、と完全武装が必要で、よし今から毛剃りをするぞ、という私と旦那の双方の気合いが要る。

大げさだろwwww

と思われるだろう、わかっているさ、大げささ。だけどこれがスタンダードとなってしまった以上、今から違うやり方にするにはまたそれはそれで大変になるので、
ちょっと今回は違う方法でやってみよ♬てへ☆(ウインク☆)、なんて気持ちではできない。

写真のように子猫のときは毛が抜けなかったので、どこで寝てもよかったし抱っこしても服に毛がつくということがなかったけれど、今はまあ抜ける抜ける。

抜け毛についての攻防はいつぞやかにも記事で書きましたが、この抜け毛ってのはほんとに猫を飼っている人のテーマじゃないかとすら思えてきます。

デボンレックスというほとんど抜けない猫も今は人気らしいけれど、とりあえず我が家のネコズは抜ける種っぽいので、抜け毛のないところがない。

うちでこれだもの、長毛種の猫ちゃんちはどうしてるんだろう。実家の猫は短毛で、いやそれよりも実家自体抜け毛なんて気にしない家なので参考にならない。

抜け毛が多いということは、それだけ猫が食っているとも言えるため、やはりできるだけ猫の口に入る抜け毛を減らすブラッシングは必要不可欠な作業ではあるので、まーもっと楽にできれば気軽に毎日できるだろうから、試行錯誤がいるのかなあ。

ちなみに、ネコズの主なお手入れは他に風呂と爪切りがありますが、この二つもネコズは大嫌い。けれど都合上同日にやることが多いため、ネコズにとってはかわいそうなついてない1日決定のネコズ地獄の三点セットとなっています。


[PR]
by koco_hinata | 2015-06-03 21:04 | cat's | Comments(0)

食って遊んで寝ていたい

d0180285_10334894.jpg
 □ FUJI NEOPAN PRESTO400 □ 

先日話題にした夜会巻き、まだ綺麗にはできませんが、コツは掴んでまいりました。
そして掴めるとなんと楽なのだろう夜会巻き。櫛ってほんとに便利ですな。
櫛でまとめられる簡単なアレンジもうちょっと知りたいと思ふこの頃。

昨日、4/21 はPTAの作業がありました。
そう、以前にも申しましたが本部になんてなってしまったので、いよいよ活動が本格化してきます。
中でも五月に総会や委員会があるため、4、5月の忙しさったら。
とはいえそんな毎日毎日なんかしなきゃいけない、というほど多忙でもないけど、
慣れない私には、要領の悪い私の頭の中は大忙しです。

いや、きっと本部役員だけだったら、さほど頭の中の大忙しにはならなかったと思うのだけど
仕事も覚えないといけないことがいっぱいだし、それだけじゃなくてアイデアを捻出しないといけんだろうな、と思うことがあったりで常にアタフタ。
そんなに頭よくねえだよ、むりむりむりよー。

けど、一方で、専業主婦のままで本部になっていたら、もっとテンパってたかもなとも思うのだな……。

しかし問題はこれだけではなく……。
二年生になった娘が、仲良しのお友達とクラスが離れ離れになってしまった上、
気負いなく親しくできる子がいなかったのもあって、ちょこっとクラスにうまく馴染めていないのか、情緒不安定なところが増えてきてる。
しょんぼりして帰ってくることが多くもあれば、元気だし明るいけど、
これは気丈に振舞っているんだろうな、って空元気を垣間見ることもあったり、
けど、本人もどういうところで不満なのか、寂しいのか、納得いかないのか、きっと自覚できてないから、原因追求をしても意味がない。

必要なのは安心させてあげることだけ、なんだろうな。
と、思っていてもついつい心配になったり、なんとかしてやりたい、とお節介が前に出てあれこれ口出ししてしまって逆効果になることもしばしば……。

担任の先生も、新任の今年初めて学級担任をまかされたというザ・フレッシュな先生。
だから、ちょーっと頼りないところはあるのかなあ、、クラスをまとめる余裕はなさそう。
一生懸命頑張ってくれているけど、二年生っていう難しい頃合いの子供達の機微にまでは、
目が届かないかもしれない。
だからそこは親から先生を通じてサポートし合っていかないといけないんだろうね。

これまで幼稚園も一年生も先生がベテランでしっかりしていたから、安心して任せちゃってたけど
娘の様子も様子だし、今年はそうも言ってられないかもなあ。娘次第ではあるけど。

PTA本部になっておきながら、子供や学校のことを放置しておくわけにもいかないしね……。

娘も私も今年は試練の年となりそう。
さすが、年度始めの初っ端から揃って熱出しただけあるわあな(笑)

それ以外にもちまちま、家のこともあったり、旦那に気を遣ったり(笑)

いやーストレスがたまる、を通り越して、なんもない時間、放心してしまうよ。
うちの気まぐれネコズの寝顔を見て、「いいな、猫って。食って遊んで寝ればいいんだもんな……」とついぼやいてしまうよね。
もともと同時に何個も抱えたり処理したりできないタチなのに、大丈夫かね、こんなんで。(笑)

やーでも、どれもこれも後には引けないですからね、がんばんねえと。

でも時間が空いた時に昼寝するの許してお願い(笑)
[PR]
by koco_hinata | 2015-04-22 19:39 | daily | Comments(0)

侘しさの矛盾

d0180285_10355452.jpg
 □ FUJI PRESTO400 □ 

福生で撮ったもの。どっかの店先に置いてあった。なんの店の前だったかな、忘れてしまった。
モノクロ写真て、色がないのに高いんですよ。カラー現像可能のフィルムはフィルムが高いし、フィルムは比較的リーズナブルでも、モノクロ現像が高い。不思議。

山手線が今年の秋(この辺ちょっと曖昧)中吊り広告を撤廃して、車両リニューアルに伴いデジタル広告に切り替えるそうです。
私鉄や他のJR車両も順次、中吊りの廃止へと向かっていくそう。

デジタルにすることで、多くの広告を小出しで提供できるほか、中吊りを取り付けるための人件費削減にもなるとのことで、圧倒的に中吊り広告よりメリットは多くあるらしい。

なるほど、と同時にやはり慣れ親しんだ中吊りがなくなる、と思うとやはり寂しい気もします。
かといっても時代の流れ。利便性に富み、コストを抑えられたり、資源削減にもなれば切り替えない手筈はないわけで。

その一方で、レトロなものがブームである、という特集を同じ日に見た。
わ ざわざレコードプレイヤーまで購入してでもレコードを聴く、という人が年配のみならず若い人にも広がっていて、今時のミュージシャンもLP盤をリリースし ていたり。アラジン製の石油ストーブが人気だとか、手間暇かけることへの魅力だとか、空間を買っているだとか、言ってましたが。

ブームもそのものを存続させるのに必要なので結構ですが、ブームはブーム。やはり一時的なもの。
本当に好きであったり、必要である人しか結局継続しない。
残してゆきたいものを、継続的に残していく術って、どういう方法がいいのだろう。
やはりその世の中にそぐわぬものは、日毎、小さく遠くなっていくのです。

レトロブームだなんて言うのなら、フィルム写真も再燃させましょ、ネエそうしましょ、なんて、
テレビに向かって話しかけていたすっかりオバタリアン(死語か?)な私も、
非情なまでに熱しやすく冷めやすいタイプだし、せっかちでめんどくさがりだから、
便利なものに縋ってしまっているし、あまり声を大にして言えないけれども。

ついつい眺めてしまう中吊り広告も、いずれはなくなるのか、というニュースを見て、
なくなったらなくなったでデジタル広告を見るんだろう、と思いはしても侘しさが代わりに心に残る。


[PR]
by koco_hinata | 2015-02-19 17:25 | think... | Comments(0)

ガリレオ温度計との別れ

d0180285_20163404.jpg
□ AGFA VISTA400 □

大震災の際にも、運よく倒れず割れなかったガリレオ温度計を、
ネミが棚の上からあっさり落とし、割ってしまった……。 いやあ、軽く惨事でした…。

まず破片が飛び散り、飛んできた破片で脛に小さいながらも傷ができる。
すごいね、ガラスの破片つうのは。危ないのは知ってたけど、あんな小さいのがただ飛んできただけで切れて出血ですよ。
いやでもケガ自体は本当に大したことはない。かきむしったときにできる傷のようなもの。ただガラスの威力を身にしみて痛感。

しかし、大変なのはここから……。

そもそもガリレオ温度計とは――
透明な液体と複数の様々な密度のガラス器を含む、密閉されたガラス製の円筒で作られた温度計である。
温度の変化に従って、各々の浮きが各々の密度に比例して上下する。

――はい、ウィキペディアから引用させていただきました!

つまり、液体が入っているわけです。それが割れたことにより広範囲に飛び散ってしまった。

何の液体かわからなかったうちは、水ではないにしろ、なんてことない液体だと思っていたけど、
すんごい石油臭い!!えらく体に悪そうな溶剤系のにおいがプンプンする!
素手で触っちゃったし踏んじゃったしネミ肉球についてるし!

これって吸っていいんだろうか。引火しないだろうか。そのまま片づけて平気なのだろうか。

私は軽くパニックに陥り、調べなきゃ…と思ってはいたものの旦那に電話してしまった。
「俺に聞かれても、俺にもわからないし…」
そりゃそうだ。でも危険物取扱なんとかって資格を持っていると聞いた記憶があった私は、
いやなんか知ってるかも、と安易に思ってしまったわけで、ええ、当然ながら上のように突っぱねられたのですが。

とりあえず、拭かないわけにはゆかないので、タオルで拭き取り水ぶき。
その間やはり心配でネットで簡単に調べてみると、液体の正体は不明のケースが多いのですが
パラフィンオイル、炭化水素溶液だとか、体にはよくなさそうな液体であることは間違いないようで。

うあぁ……、結構危ないじゃないか…、子供が触って化学やけどおこした、だとか、
引火性があるだとか、怖すぎるよ……、わたくし、もう戦々恐々でございます。

よくニュースに出てくる、国民生活センターにも相談が何件かあり、これは安易に片づけてはいかんな、と
ゴム手袋をはめ、スリッパをはき、慎重に拭き掃除。その間、ネコはケージに閉じ込め。

まずそのわけのわからない液体の処理とガラスの処理をしないことには先に進めない。

それを終えてから、猫をふろに入れる。
ネミは肉球についてしまっており、チミがそれが臭うせいか、
ケージの中でしきりに砂かきアクション(おそらくくさいくさいの意)を繰り返していたので
早急にふろにいれ、シャンプーはせずともお湯で念入りに全身を流したのでありました。

そのあともガラスの破片がないか、溶剤が残ってないかチェックして、もう一度水ぶきして、一応ひと段落。
しかしながらえらく臭いので、長い間換気が余儀なくされ、引火性とかみると怖くてストーブもしばし使えず、すんごい寒い。
んが、やむを得ん。

はじめはガソリンかと思ってしまった。そのくらい臭い。ガソリンじゃちょっとしたことで爆発するし、とほんとに怖かった。
いや~知ってる人が読んだら、笑われてしまうかもしれないけど、化学薬品とそうそう縁のない一介の主婦には、あんな臭いもの恐怖ですよ。
灯油でさえ、怖い怖いとおののいているというのに。
ええ、ひどい小心者なのです、チキンです、笑うがいいさっ!ww

ネコのオイタだが、ネコに高いところにのぼるな、というのは無理な話なので、落ちても支障のないものを置かねばならないのだろう。
にしても神棚にも平気で乗っているし、神様頻繁に落とされても困るんだよな。
神という概念のない猫に、それは神様なんだ、落とさないでくれたまえ、と諭したところで届くわけない、
そのまま馬ならぬ猫の耳に念仏ですよ。
神棚は対策を練るとして、猫がいる以上インテリアは少々考えもの、と思わざるを得ないのかもしれない。別にいいんだけどさ。
かといって、そんなにこだわった素敵インテリアな棚ではないのですけどもね。和洋折衷、統一感もないし(笑)

写真ではまだ高い棚の上なんてのぼれる脚力のなかった幼少期の彼ら……、仲良くソファーで寝てらっしゃいます。

高いところへピョンピョン登れるようになった跳躍力の成長はうれしいお母さんですが、今回のことは自身の反省も踏まえつつも、

忘れないよ、アンタタチ……。(Φ Φ)ギロリ

最後に、ガリレオ温度計の破損には要注意!


[PR]
by koco_hinata | 2014-01-31 21:07 | cat's | Comments(2)

しゅくだい

d0180285_09092286.jpg
□ FUJI NEOPAN PRESTO400 □

写真は蔵出しです。昨年、それも2月か3月に行った上野動物園でのもの。
ずいぶん昔ですが、前の現像分がそこまで古かった……。
しかし! ようやく現像出しましたよ! 
ひどい金欠のさなかですが、たまってるフィルムを覗いたら、14,5本もあって、一気に現像はできないし、
娘の卒園文集やらアルバムやら作成しないといけない関係で写真が必要だったんで、あわてて5本だけ現像することに。
ううう、金欠を脱するために働いているはずだが、働く前よりも金がない気がする(笑) 
それが私!!来月も赤字で乗り切ります♡(T^T)

ブログも空いてました……。 しっかり書いていくぞ!って書くたびに私は更新をサボっていはしまいか。
というわけで、しっかり毎日書きません!と宣言しておこう(笑)

さて、手前でゾウをじっとり眺めている一年前の娘ですが、卒園を間際にして最近、幼稚園から宿題を出されるそうで。
二日前のテーマは、「なぜ、ハー!と息を吐くと白くなるのか」 これを調べて紙に書いてきてください、というもの。
結構、難易度高くねえか? でもいい質問。帰りしなに娘に尋ねられ、母は戸惑いながらも(その時は歩いていたので)
「息のほうが、気温より高いからでしょ」といったことを答えておき、あとで調べようと思っていましたが、
そうでした、我が家には理系男がいたのでした。
それ、パパに聞いてごらん、パパ知ってるよ、と娘にそれとなく伝えておいたら、翌朝、娘はパパに尋ねてましたよ。
 
難しい説明や理屈はとりあえず6歳児には求められていないだろう、ということで旦那なりの解釈で娘に伝えると、
うん、わかった!といいながらバスがくるギリギリまで紙にまとめていた。
早く、遅刻しちゃうよ、と言ったら、まだかけてない!と泣く始末。
幼稚園にいかないことにはどうしようもないと娘を説得して、残りは自由時間に書いちゃいな!と送り出したのですが、
昨日帰宅したら先生から花丸をもらっていました、
ちゃんと幼稚園で続きを書いたらしい。やるじゃん。やるときはやるじゃないのさ、それを普段から見せておくれよ……娘……。

しかしながら、書いた紙を見ると、誤字脱字、鏡字(かがみで見たみたいに字が裏返ってる状態)のオンパレード、
そして内容端折りすぎ(笑) 
いやあ、読むのに苦労した。 ある意味暗号に近いものがありましたが、よく先生も花丸くれたなw と思ったものだったけど、
大事なのは答えではなくて自分で調べてちゃんと持っていくことにあるんだろな、と思ったのでそこは褒めておきました。

昨日のテーマは、「なぜからだはあたたかいのか」 難易度高すぎる(笑)  親だって答えられないよw 
すぐさまググりましたね。今は便利!だけどほんとは足で調べるのが理想的ではあるのですが。
一応いろいろ答えは出てきましたが、人間は恒温動物でうんたらかんたら、とか、
エネルギーを生み出すときに熱が発生、とかもう、6歳の娘がまとめるには難しすぎるし、そこまで求めてないだろう、
なので、結論だけに焦点を当て、旦那は
「しんぞうが一番あたたかく、そこから血がからだじゅうに流れているからからだはあたたかい」
ということを娘に伝えていた模様。
なんで心臓はあったかいの? って言われたらどうしようかね、って感じでしたけどね(笑)

はてさて今日は花丸もらえるでしょうか。して、今日のテーマはなんでしょうね? ちょっと楽しみです( *´皿`* )

[PR]
by koco_hinata | 2014-01-24 09:57 | mico | Comments(0)

ヘヤースタイル

d0180285_134508.jpg
 □ FUJI NEOPAN PRESTO400 □ 


髪を切り、先日セルフで黒く染めたことは、Facebook にて先に書いていましたが、なーんか求めている黒髪ではなかったんですね。
もっと青光りするくらいの黒がよかった、というのもあるんだけど、
どこかが足りない、そう思って黒髪の画像を見まくっていたんですが気がついた。

やっぱり前髪です。前髪のボリュームが足りなかったんだ。

そう思い、すぐさま洗面所へ行き、前髪のボリュームを増やしました。うん、オッケー。前よりよくなった。

ただこれ、一歩やりすぎたり、顔が太ったりすると、一気にバナナマン日村になるっていう魔の境界線があるんですね。
だからちょっと最近は前髪作っても重ためになるのは控えるようにしてたんだけど、黒髪の場合は重ためじゃないと足りないね。
まだなんか足りないけど、切る前よりはヅラっぽくなってくれました。(ヅラっぽいのがいいんかいw)
うん、きっと日村になることうけあいだけどね。

よく、ロングの人がボブっぽく髪をまとめてるスタイルを見かけるけど、あれってどうやってんだろ。
あれ簡単にできるのかなー? そしたらわざわざ切らなくてもオカッパにできるのになー。

顔がコレだから、きっとダメなんだろうけど、どうしたらオサレな感じの顔というか頭になるんだろう。
すっぴんで髪しばってたら完全オバハンだし、メイクしても日村になったりしちゃうし、どうも目標にしてる感じにならない(笑)
ええ、かれこれ十年は(笑)

もうちょっと研究が必要か・・・(いやいやもっと他のこと頑張れよww)
[PR]
by koco_hinata | 2013-08-27 13:43 | daily | Comments(0)

スリスリ

d0180285_10513978.jpg
 □ FUJI NEOPAN PRESTO400 □ 


手前がネミ、後ろがチミ。小さいなあ・・・猫の成長はホント早いっす。写真は来たばかりの頃。
拾ってきたときに生後どのくらい経っていたのかはわからないので、推定ですが体重から見て、今生後6カ月くらいになると思います。
人間の年齢で言うと、9歳くらいなんですって。もう娘を追い抜いてしまいました。遊びまくるわけだ。♂だし。
家中走りまわって、時々威嚇しあって尻尾が極太になっていたりして、面白いです。
それぞれ甘えのやり方も違って、ネミは鼻同士をとにかくスリスリ、チミは全身をスリスリするのです。
それがかわいいんだなあ・・・。
でもネミの鼻スリスリは、顔が毛まみれみなるので、洗顔が余儀なくされますが(笑)

ネミのスリスリがすごいので、彼にはスリスリスリ男というアダナがつき、虎顔しているチミには「トラ男」というアダナが付いています。

特にネミのスリスリは私より旦那らしく、
旦那が帰ってくると「おかえり」の挨拶も兼ねているのか、必ず鼻スリをしにやってきます。
ただ、その鼻毛まみれが結構すごいらしく、「もういいよ・・・」と旦那は拒むのですが、ネミはひたすらスリスリするのです(笑)
猫も子供と同じで、甘やかしてくれるヤツって、きっとわかってるんだろうな(笑)
日ごろの世話はお母さんなのにね~ 
[PR]
by koco_hinata | 2013-07-25 11:21 | cat's | Comments(0)

はじめてのびょういん

d0180285_1513332.jpg
 □ FUJI NEOPAN PRESTO400 □ 


ネミがメインになってしまっているが、後ろにチミ。ごはんを食べた直後の彼ら。
まだ食べ方がヘタクソなので、この後口の周りと足を拭いてやらなきゃいけない時期でしたねえ。
うーカワイイっ!!(オヤバカ 笑)

昨日初めて彼らを動物病院へ連れて行きましたです。
本当はうちに来て間もなくに連れていくべきだったのですが、なかなか足が向かず・・・。

何故かというと、ある日にネミがまき散らすようにしてオシッコをしていたのです。
その瞬間を見ていなかったのでどういう風にしてオシッコしたのかはわからないのだけど、
もしこれが、マーキングだったら大変だ、と思い、去勢の相談をしに行ったのでした。

去勢手術する前には必ずワクチンを打つのが原則となっているそうで(そこの病院では)本日は一度目の接種を。
その際に、いろいろ彼らは初体験をさせられるのです。(笑)

まず場所に警戒してやたらにクンクン臭いを嗅ぐオフタリサン。体重を図り、押さえつけられ、体温測定。
オシリに体温計を入れられるので、ヒギャーと喚いておりました。ウフフ。(←ドSの飼い主)

いろんなところを触られ、見られ、耳いじられ、散々させられた挙句、背中に針!!(注射)

猫の背中の皮は厚いそうなのであんまり暴れる猫はいないそうなんですが、どうしてかうちの猫ズは暴れまわり
特にビビリのネミは、体をうねうね動かし看護師さんやお医者さんの手を噛み、なんとしてでも阻止しようと暴れまわる始末。
そんなんでどんなに抑えても動いてしまうので、何度も針を刺されてしまうわけです(笑)
チミも暴れましたが、一度で薬まで入れられたのですぐ済みました。

予防接種の前に「イヤダああああああああ、いやだぁああああああ」と診察室で泣き喚き、
お医者に羽交い締めにされる少年の図と重なりました。(さくらももこの絵のイメージ)

あれ待てよ、と思い返せば、そう少し前、
MR(麻疹風疹)の定期接種時のうちの娘も、かかりつけのお医者さんに羽交い締めにされてたっけ、
と思い出したので、「あんたとネミ、同じじゃん」と娘に言うと「チ・ガ・イ・マスーう」とヲタっぽく言い返されました。
あの子、なんか喋り方ちょっとヲタっぽいとこあるんだよなあ(笑)

すったもんだがありながらも無事注射を終え、耳も問題なく、体も大丈夫でした。
すっかり意気消沈した猫ズはキャリーケースの中で爆睡。

去勢手術はまだタマタマさんが小さいとのことで、一カ月後くらいに大きさを見てから予定を決めましょうということになりました。
そしてワクチンはもう一度あるんだよ・・・オフタリサン・・・。(Φ∀Φ)フフフ・・・

ただねえ、笑ってもいられないよ。

人間と違って保険適用という便利な制度がない動物たちの医療費の高さたるや・・・。
それも全てにおいて「カケル2」なわけです。財布を持つ手が震えます。計算機が示す数字がただ恐怖。
旦那の顔が重たいよ・・・こええよ・・・。ヒィ━(;◉;д;◉;)━!!

もちろん費用はその病院にもよりけりなのかもしれませんが、どうなんだろうねえ、難しいさね。
対応は悪くなかったし、中も綺麗だったので、悪いお医者さんではないと、思ってるけどー。

実家の猫ズがよくお世話になったお医者さんはちょっと遠いのと、平日しか去勢手術してなくて断念。
平日は旦那がいないからねえ。仕事で。連れていけないのさ・・・。あー不便。

ま、でもひとまずは。最初のうちはいろいろ負担も多いけれど。
人間然り、動物然り、生き物と暮らすということは、やはり簡単ではないけれど、でも、
・・・可愛いっす。(何そのシメ! 笑)
[PR]
by koco_hinata | 2013-06-30 15:37 | cat's | Comments(0)

元気出して!

d0180285_1141459.jpg
 □ FUJI NEOPAN PRESTO400 □ 


三月に上野動物園へ行った時のゴリラ。とっても哀愁漂う背中を見せながら彼女はエサを貪っておりました。

ひえー、まぁ、娘の風邪が見事に移り、だるいったらないよ。ひと月で二度も風邪引くなんてねっ!情けねえっ!
ゴリラと同じ背中の私です。でも、娘は元気になったのでよかったよかった。
スイミングはやっぱり行けませんでしたけど、普段の様子を見て、進級はしてもらえるらしいです♪よかったね~。
またがんばりたまへよ、娘っこ。

元気を出したい時はみなさんどうします?

私は落ち込んだり、弱ったりした時はなかなか這い上がれないタチなので、一人でめそめそしていることが多いです。
でもここ数年はそうめそめそもしてらんない(娘や旦那がめそめそさせてくれない)せいもあって、
気がつくとどうでもよくなって、もういいわ、コンチキショーとなることも増えましたけど、でも根は暗いのでしつこくめそめそします(笑)

暗い時は何もやる気が起きないので、ぼんやりと過ごしますが、持ち直し始めるあたりから、
やたらにパワフルな音楽を聴いてみたり、歌いだしたり、気分がすぐれない時は漫画を読んで誤魔化したりすることもあります。

今みたく、具合が悪い時は養命酒を飲みます(笑)結構効くんだよ。
その体調のレベルにもよりますけど、だるいのは割ととれ、体が多少軽くなるので、
体調よくなくても動かなければならない場合なぞにうってつけかと。
そんなわけで昨日からお世話になっています。でも今回もだるさがとれないので、もう医者行きましたけどね。
いつもの胃薬もないしね。

さー 古本屋にも行きたいし、猫たちを動物病院へ連れて行かないといけないので、頑張ります!
元気出してこ~! フレフレ私~!(笑)
[PR]
by koco_hinata | 2013-06-29 12:10 | daily | Comments(0)