ココ色吐息

タグ:NATURA CLASSICA ( 27 ) タグの人気記事

行きたいけれど……

d0180285_17244960.jpg
 □ lomography800 □ 

おそらくナツラのレンズの左側に、糸だか毛だかが引っかかっていたようです。
この写真と同時期に撮っている写真には全て、糸くずっぽいものが写ってしまっていました。
ぬおおお……。レンズ周りは要チェックですね。(←基本

写真は北陸の海〜。旦那のお引越しのときに訪れた海です。綺麗なエメラルドでした。人少ないし穴場でしたなあ。また行きたい。。

や、行きたいんですよ、北陸。すっごく。
旦那曰く、結構博物館とか美術館とかもいっぱいあるね、って言ってたからすごく興味津々だし、
景色もよいし、金沢前から行ってみたかったし、兼六園も行きたいし、美味しいもの食べたいし。
世界で一番綺麗なスタバ、だっけな。あそこも行きたい。ああいっぱい。

私の地元は笑えるほどになんもないのですね。もうその何もなさがネタにもなっちゃってるくらい何もないんですが、本当に何もないのですね(笑)だからいっぱい見たいとこあるのにい。

だってね、月一であれば交通費はお手当てでるし、旦那のおうちで寝泊まりすればよいのだからホテル代もなく遊べるじゃないですか。
というか、いっぱい遊び行こ〜〜って結構浮かれてたんですけどね。
意外といけない……。

旦那もこっちに戻ってきたいっていうのもあるだろし、仕事ついでに帰ってくることもあるし、
でもそんなことより何よりも、猫です。ネコズさんたちがね。。置いていけない……。

ネコズのせいにするわけじゃないのだけど、でもネコズがいるから行けないのは事実。

たまに実家へ一泊するだけでも、じゃあねーって家を出ると
「なんか普通のお出かけと違くない?どこまで行くの?ぼくたち置いてっちゃうの?」
って言ってる(みたいな)目で、ウルウルしたつぶらな瞳で見つめてくるんだよう……。

オスだからかそういう性格なのか、甘えん坊なのは確かだし、ほっといたりすると拗ねるし。

でもただ寂しんでるだけならいいんだけど、どうやらこのネコズ、人がいないと排泄をしないという、
結構困ったクセがあるっぽい……。
んでもどうしようもなくなったらそりゃするし、帰ってきたらもりもりしてて、
「おわ、くさっ、くっさっ!」ってこともあるから心配いらないと思う、思うんだ、けど。

ああ、大丈夫かなあ、水ひっくり返してないかなあ、とか。
ネコズも我が子のように心配なのですよね。

もう一つ、かわいそうな理由が、わが家は長く家をあけるとき、ネコズをリビングには入れないよう、
廊下と子供部屋のある方に締め出す形をとります。
そうすると、日中でも日光は届かないし暗いし寒いし。かわいそうなのだ。

親バカなんですよね……多分。過保護なの。
大丈夫かしら……餌食べるかしら……ちゃんとウンチするかしら……、と不安がってなかなか行けずにいるのです。

実家の母にちょっとうちに来てもらって様子を見てもらうことはできるのだけど、
それでも二泊以上、彼らは留守番に耐えられるのだろか……。やってみたことがないからわからないー。

でも我慢してもらわないと旅にもゆけないですからね。。連れてくわけにもゆかんし。
少しずつ留守番も練習させていかないとかな。

この頃、甘えん坊具合が増してる気がするので、なおさら子離れならぬ、猫離れできない母さんです。
(とはいえ、なんとかなるだろ、とも思ってたりもする、いい加減な母w

[PR]
by koco_hinata | 2016-02-05 17:13 | cat's | Comments(0)

ヌイグルミ

d0180285_17303459.jpg
 □ FUJI NATURA1600 □ 

おそらく娘が撮った写真と思われ。私ぬいぐるみ撮った記憶ないんだもの。
これで私だったら、私やばいですね(笑)ボケだぁ〜

なんだろ、一見可愛らしく見えるんだけど、ネコちゃんが威嚇してるように見えちゃったら、パンダがごめん、ごめんって!!!怒んなって!!!って言ってるように見えちゃったら、もう愛らしさを感じなくなってしまったわ……。
汚れてるなあ、私。

私もぬいぐるみは好きでいっぱい持ってましたし、今でも好きですが、それを受け継いでるのか娘もぬいぐるみや人形が好きで。私がかつて持っていたものや、娘が生まれてからちょこちょこ集まっていって、なんだかえらい数うちに居候していますよ。
全部表に出していると部屋がカオスになるので、8割方は専用のお部屋にいてもらっているのですが、娘が時折引っ張り出して、いろんな部屋にぬいぐるみが散って結局カオスです。

猫もいるし、私はブランケットとか毛布も好きなのでそれらも部屋を占拠しているし、うちにはモフモフしているものが散乱している気がする……。いいんだけどさ。好きだから。

モフモフしてるものって気持ちいいですよねえ。
小さい頃から大好きですね。恥ずかしながら、私は小6まで指しゃぶりが治らなかったのだけれど、そのお供はぬいぐるみのモフモフしたところ。おかげでぬいぐるみの毛を毟り取るため、お気に入りのぬいぐるみはところどころ禿げてた。

指しゃぶりつつ、ここを握り締めてモフモフを剥ぎ取っていくのがたまらなく心地よくて、癒しすぎて治らなかった。親は参ったでしょうねー。私が親だったらため息もんだよ。現に直そうとしたんでしょうな、親指に怪我もしてないのに絆創膏貼られたり、何やら塗られたりしましたよ。もちろんそんなんじゃ効き目なんかなかったけどね。

なんで治ったんだっけなあ。。さすがに恥ずかしいから……っていう羞恥心からなのか。でも小6でも十分恥ずかしい年頃のはずだし、うーん、忘れた。こんな私でも、さすがに中学生じゃなあって思ったんだろうか。私そんなことくらいで決意できるような人間じゃないんだけどな。もう忘却の彼方の今、わかりません。

なもんで、小6まで指しゃぶってた私も今や人の親。
どうしよもない親のくせに子供に手を焼いている、けど、ま、なんとかなるね。(笑)

[PR]
by koco_hinata | 2016-02-04 18:47 | daily | Comments(0)

太陽は沈む

d0180285_14413749.jpg
 □ AGFA200 □ 

ニッポンの夜明けぜよ!

とこの写真が目に入った瞬間、間髪入れずに頭に浮かんだのは、ここ数日 hulu で「JIN」を見たからに他なりません。

つってもこれ、朝日じゃなくて夕陽ですけど(笑)

考えることが多いと、考えることを放棄したくて何もする気がなくなります。
せねばならないことは別として。

それゆえここんとこずっとゲームばかりしてる。
主に、点と点をただつなげてマスを埋めるだけのゲームとソリティアばかりをひたすら。
でも無心になれるんですよね、これ。
無心にはなれるんだけど、それなりに頭を使う。
けど勝たなければ、とかそういうプレッシャーはなく、ゆるゆると頭を使って夢中になれる。そこんところがいいんです。

部屋に寝っ転がったりテーブルにかじりついてそればかりしているのだから、どんだけ廃人なんだ、という感じですが、そのうち何かにやる気が起きることを願い。
今は考えることを放棄中。

けど考えないといけないことが迫ることもあったりなかったり。

悩みは尽きねーなー。

過ぎれば大した悩みでもないことも、よおく、わかっているけれど。

とりあえず今は塾中の娘待ちでカフェにいるのだけれど、なかなか私のテーブルから去ってくれないハエに悩まされ。
もう帰るからいいけどさ。ねえ、退いてよ。

私のやる気に夜明けはあるだろうか?
というかこの写真夕陽だった、このあと、闇に落ちるのだった(笑)



[PR]
by koco_hinata | 2015-11-04 17:08 | daily | Comments(0)

癒しの変な顔

d0180285_18015192.jpg
□ FUJI ACROS100 □

写真に困ったときは猫なんです、ネコズなんです。
大量に現像したはいいものの、主に使える写真は猫か梅しかないので、テーマに準じない写真だったりします、きっと。
そんなの今に始まったことではないと、そんなのわかってるけど、毎回弁解するのだ。

変な顔と題しても、写真は変な顔ではなくまだちっこいころのじゃれあいの一場面ですが。
猫の変な顔、と言えば、そうです、フレーメンです。

猫を飼ったことがあったり、馴染みのある人にはご存じのこのフレーメン反応。
どんな顔をするかというと、口を半開きにしたまま硬直する顔を言います。
わかりやすく、画像リンク貼っておいてみます、どんな顔か気になる人はレッツクリック! → フレーメン

人間は退化してしまっていて存在しませんが、
猫を含め動物(きっといない動物もいるだろうけど)に備わっている器官にヤコブソン器官というものがあり、
猫はそれが上顎の辺りに存在します。
フェロモンを感じ取る器官らしく、匂いを嗅ぐことで、その匂いの情報をダイレクトに脳に送り解析する器官。
その解析中の顔が、あのフレーメン顔なわけです。
(一応調べた上で書いてますが、違うよ、というご指摘があれば教えてくだされ!)

というわけで、あんな変な顔をしていても、「くっせぇなあ」などという、感情に結びついたものではないそう。
だけどつい、そう顔に準じたセリフを宛がってしまいたくなる、面白い顔なんです。

初めてみたのは、昔実家で飼っていた猫。
その時はフレーメンという反応とは知らず、なんだあれーw と笑って見ていたのですが。
インターネットが普及し、気軽に疑問を検索できるようになった今。
あれがフレーメン反応というものだと知りました。

けれど、これも猫の個体によりけり。我が家では、ネミはたまにしかしないのに対し、チミはしょっちゅうします。
匂いが強いトイレや自分のおしりはもちろん、なぜかしばしば私の指先、その辺のカーペット。
なぜそこにまで?というところを嗅いでは、「ハー」
(人間から見れば、ハーと言っているように見えるので、家では「またハーしてる」と表現)

一番楽しいのが、ヨーグルトやアイスクリームなど乳製品を食べたあと、掠め取ったほんのわずかなそれらを
チミの鼻先にチョビっとつけると、決まって必ず「ハー」とするのです(笑) 
それも連続でやると匂いに慣れるまで連続で「ハー」します。その顔のなんと間抜けなこと。

ついあの顔が面白くて、匂い嗅いでるなあ、というときは目線が外せないし、アイス食べたあとは、ペロっとつけたくなる。
同じことネミにもしてみるけど、ネミはしないんだよねえ。不思議。ネミは私の指先嗅いでもフレーメンしないし。

癖になるフレーメン反応。
もし近くで猫が「クンクン」、一心不乱に匂いを嗅いでいる姿を見かけたら、目線を外さず観察してみてください。
きっと「ハー」と固まった姿を見せてくれると思います(笑)



[PR]
by koco_hinata | 2014-05-14 18:36 | cat's | Comments(0)

ベタっとパキっと

d0180285_10574496.jpg
 □ UXi200 □ 


当たり前なんだけど・・・
晴れている日と曇っている日の写真のコントラストが全然違う。この違いってなんなんだろう。
UXi 安いしすごい使ってるけど、これほんとにUXi?って見紛う写り。

写真の写りは、カメラ、レンズ、フィルム、現像、プリント、etc...(何より撮る人の力量・・・(´・ω・`))で変わって、
条件の一つでも変われば、それぞれ違う一枚になるし、一概にフィルムよりけりとも断言できませんが。

この日のNATURAさんの色みはとっても好みでした。べたーっとした色の付き方が。
NATURAの特徴っちゃ特徴かもしんないけど。(知っとけよw)

ボヤンとしている一枚よりかは、パキっとコントラストやシャープネスがはっきりしていて、
油絵みたいにベタっとした色が好みなのかも、と改めて感じたかもしれない。

比較的やはり光量が豊富な晴天下ではそういう写真が多いのだけども、
曇天でも同じように、パキっとしていて色が鮮やかな一枚を撮るにはーさてどうしましょうね。

今は梅雨だし、日本の夏は湿度が高いので、もやもやとした空色の日がやはり多いわけです。
カラっとしていない日でも、カラっとした写真を撮るためにはー 果たして何が必要なのかしら。調べてみなきゃねー。

私の写真は特に晴天下でも、フレアしていることが多く、ぼんやりしている写真が多々見受けられるので、
これはやはりフードを買うべきなのか、フードなくとも露出補正などでなんとかなるものなのか
もう、三年くらいはカメラやってんだから、いい加減知っておいた方がいいんじゃないかと感じて少々焦っております(笑)
[PR]
by koco_hinata | 2013-06-28 11:37 | photograph | Comments(0)

春の風

d0180285_15573336.jpg
 □ UXi200 □ 


今日の天候とは真逆に爽やかな青空と、鮮やかな紅色の八重桜をお送りします(笑) 
言い訳だけど、この日は風が強くて、ちょっとシャープさに欠ける写真だったので、ちょこっとシャープをPCで加えちゃいました。

今日は、シンプルにこの桜の写真のみで。
[PR]
by koco_hinata | 2013-06-15 19:10 | flower | Comments(0)

おしゃべりの力

d0180285_16385962.jpg
 □ FUJI PRO400N □ 


娘が猫を、王子だか、王だかに見立てて、「チミ王子様ッ どうしましたッ」とか言って、王族ごっこして遊んでいます。
チミが拘束されています、可哀想、かわいそすぎる……(笑)

写真はお懐かし、もう三年前のものです。娘が小さい……。赤ちゃんってやっぱり可愛いね。。
でもこの時から猫をいじめる才能はあったと思われますけど(実家の猫然り 笑)

おナツカシイってことでこの写真にしたんですけど、何が懐かしいかと言いますと、まあ、久しぶりに中学の同級生と電話したのです。
同窓会の連絡ってことなんだけど、クラス単位とか、学年とか大袈裟なものではなく、部活動同期でって話なので、
よくあるハガキとかではなく、電話だったんですけどね。

彼女は同じクラスにはならなかったものの、高校も同じだったので親しくしてたけど、ちゃんと喋るのは高校卒業以来か、
一度だけアルバイト先で偶然会ったくらいで、本当に久々!!

電話先では変わっていなくて、相変わらず気さくで、久しぶり感があんまりなく話ができたなあ。
昔から、社交的だったし、喋りやすかったもんね、人見知りマックスな私も素で喋れて、いいなあ、羨ましいっ(笑)

同窓会に参加するかはまだ決めかねていますが、GW前後、家族くらいしか会話をしていなかった私。
それも家族っても母親とたまに喋ったくらいで、旦那は会話っていうほど会話はしてない。旦那じゃおしゃべりに入らない(笑)

月のリズムにもよるものもあったかもしれないけれど、数日ほど、無気力になってたんですね(笑)
ぼんやりしちゃったり、すぐイライラして、当たり散らしたり(それは地かw)
やる気はあるのに気が散って続かない、元々集中力や持久力がないのに、輪をかけてないので何も頭に入らない。

なんなんだこれは、と思って、母親と喋った時か、GWが明けて井戸端会議した時かに、ふと気付いたの。
あ、喋ってないからなんだ、と(笑)

かといって人に話すような出来事はなんもないし、ブログネタにもならないような日々なんだけど、
何かを語るとかではなくて、なんでもないことでも人と喋ってないと、こんなに覇気がなくなるんだ、とこの年になって気付くという(笑)

普段の幼稚園のお母さんとかとの井戸端会議も、GW明け、これはこれで大事だったんだなあ、と思いましたねえw
お久しぶりの友人との電話でも、なにげない話しかしてないし、ご近所さんともあけすけに喋るわけじゃないんだけど
人と喋らない、会わないってのもストレスなんだなあ、とたかだか一週間だか十日くらいの連休の間で痛感なぞしてしまいました。

おしゃべりも意味あるんだね。お年寄りの人がむっちゃ喋りたがる気持ちが、少しだけ解るような気がしました(笑)

そんなわけで、何の変化もない毎日だったので、
旧知のお友達との電話は新鮮で、短い時間だけど、ちょこっと楽しいひとときでもありましたw
[PR]
by koco_hinata | 2013-05-21 16:40 | daily | Comments(0)

送電塔

d0180285_17353031.jpg
 □ UXi200 □ 


先に進む娘と旦那に遅れをとりすぎないよう、と急ぎ足で撮ったので構図とかは全く考えておりませぬ。
が、そこまでしてどうして撮ったのか。ええ、送電塔が大好きなのです。この造形美!(大袈裟)
前々から変電所とか送電塔が好きだったんですよね。なんでだろうか、あんまり深く考えたことはなかったのですが。
妙に興奮するのですよね、見てると。ときめきに近い胸のざわめきを覚えます(笑)
大真面目にペーパー講習を受けてアチコチ運転できるようになったら、
変電所巡りがしたい、と野望を抱いているほどですが、いつ叶うやら。
ただ写真撮りたいだけなんだけど、変電所、塀とか金網などに囲まれてるから撮れないだろうな、でも行ってみたいですね。
調べてみるとこれまた奥深いし、電力だとか電圧だとかが関係してくるわけで理数赤点しか取らなかった私には非常に難しい。
いつかタモリ俱楽部で送電マニアとかやってくれないだろうか、とちょっとだけ期待しちゃうのですw 絶対見たいな。
だって送電マニアって、だいたい鉄道マニアの延長線だったりするのですよ、鉄道も電気だからね。だからー。やらないかなあ。

ライフラインのひとつでもある電気を全国各地、各家庭に送る送電線はまさに日本の血液そのもの。
こうやってパソコン見たり、テレビ見たり、寒かったら温まったり、暗かったら明るくしたり。
送電塔がスキダ~と写真を眺めるうちに、それらを余りあるものだと感じて過ごしていた気が。
うっかり部屋の電気つけっぱなしで出かけちゃうことも多々あるもんなあ。大して寒くもないのについついストーブつけちゃったり。
電気に限らずだけどもね。……アレ。送電塔が好きなんだ、という趣味の話から、よもや節約意識の低さが浮き彫りになるとは……。
奇しくも本日は大震災から二年の日。以後、気をつけたいと思います。(反省)ストーブ消してこよっと。
[PR]
by koco_hinata | 2013-03-11 18:28 | daily | Comments(0)

お待たせ!自分!

d0180285_232133.jpg
 □ UXi200 □ 
 サンタさん、今年もよろしくおねがいします。 

うひょ~! 更新ドさぼりしておりました~! 写真が、ネタがないんだもんーを言い訳にしてっ! ネタを探そうともせず!
というのもですね、忙しくないんだけど、個人的に忙しくしていて(笑 ドウイウコトw)ブログにまで気持ちが及ばなかったという・・・
自分、不器用ですから・・・(お前は健さんか)

年明けて一月は、おもいっきり服を買ってやるのだ、と決めていたこともあり(そんな決意いらんやろw)
現像する余裕がなく諦めて今月漸く現像! それが今日届きましたーこれで少しは・・・うんw 

昨年の晩秋から年末にかけてのフィルムなので季節外れ感はハンパないっすよ・・・(Φ∀Φ)ドゥフフフ・・・
それでもめげずに、雪もちらつく真冬の最中、過ぎた秋に過ぎたクリスマスに思いを馳せていきたいと思ってます。

4649!!
[PR]
by koco_hinata | 2013-02-10 23:06 | photograph | Comments(0)

到着

d0180285_1349210.jpg
 □ FUJI X-TRA400 □ 


写真が撮れない、と嘆いた割には、お出かけの際に2本くらいフィルムを撮り切れるような機会にも恵まれて
なんだかんだと10本たまったので現像に出したのが先日戻ってきました。

幸いにも激しく凹む結果にはならなかったものの、やはり反省点は多々・・・。
でもただただ反省するばかり、というよりも我ながら前よりは一歩進めたのでは、と思えたのは自分の癖が僅かながら見えたこと。

例えば、遠景や風景など、紅葉している樹木とか山々の全景を撮る場合に無限遠で撮影してたんだけど、
思い返してみれば、遠景はどれもボヤボヤになることが多くないか、と。ピンがどうにも甘い。
確かに一応は合わせて要るんだけれど、まあいいかで済ませている部分も多々。
遠いから無限遠、と思い込んでピントを合わせることを怠けていたな、と思ったけど、はて如何に。

更にはおそらく絞りも甘いんじゃないか? F8とかF11が多いけれど、F16くらいは必要だったのかなあ。
でもF8でもパッキリ美しい遠景を撮られてる方もいますし、なんだろう、私の遠景写真の甘さは何が要因なのだろう。

あとは露出の難しさを再認識いたしております。
遠景写真のうまくゆかなさでも然り、ですが、やはり全ての写真の光の加減もどうにも美しくない。
CDに焼いてもらった分は自分でパソコンのソフトで明るさやコントラストなどいくつかは多少調節できるけれども
白飛びしてしまってるところは修正できないし、アンダーはアンダーのまま。
それがたまたま、功を奏してくれた写真も奇跡的にあったりはするけれども、でもそれはあくまでも後付けなのです。

言い出したらキリのないことで、勿論一番は私の腕がよくないからなのですが、
カメラやレンズの特徴や、被写体との相性もあるであろうし、フィルムの質感、現像、プリントの色みなど、
一枚の写真を完成させるには、複数の掛け合わせによって出来ているのだな、とも気付かされる。
それだけ、目の前の景色や光景や表情を残すためには多くの計算がいるのだと自分の稚拙な写真を眺めて痛感。

でも、ちっとも上達していなくても、ファインダーから覗く景色のイメージの持ち方を今回また一つ学べたような気もします。

これから撮影するときにそれらを意識して、残していく一枚一枚が、よりよくなってくれればいいなあと思います。


今回は娘の運動会や、動物園、紅葉、コスモス、あとはいつものように日常写真やらと
フィルム10本分なので、しばらくはネタ不足にならなくて済みそうですww イエイ v( ̄∀ ̄)v

ボチボチアップしていきま~す。

今回はNATURAで撮影した一枚。撮りっこした娘で一発目とします。
今回になってやっと気付いたんだけど、NATURA、ズームして寄って撮ると少し背景のボケが得られるね(笑)
気付くの遅いって? (ノ∀`)アハハハh・・・
[PR]
by koco_hinata | 2012-11-15 14:21 | photograph | Comments(0)