ココ色吐息

模様

d0180285_2131391.jpg


このままではまた更新サボりそうなので、無理矢理更新しますw

とはいえ、近頃写真も撮れておらず、どこか出かけたということもなかったので、ネタがない!

なので、とりあえずここ一、二か月で読んだ本を写真に撮り、さあ、感想でも書こう!と思ったのですが
全くもって浅はかな文面しか思いつかずに、ペン(じゃなくてキーボードだけど)が進まず止まってしまった。

感想はやめます、いやーとても、言葉にできない(笑)なさけねっす。

けどね、どれも素晴らしくよかったです。
どれもよかったのですが特に、
福永武彦氏の「草の花」は、感動的なクライマックスというわけでは決してなかったのに、最後涙が出ました。
胸が熱くなりすぎて、しばし放心状態に。。(笑)愛って深い!深すぎる!(感想、あっさ!)

連城さんの小説はやっぱり好きですね、多分。(つっても読んだのまだ二冊だけどwww)
人の心の機微の描き方がとても繊細で、感服。
ミステリアスに描かれているのですが、展開がミステリーということよりは
人と人との感情の絡みあいそのものが、ミステリアスなんだなあ、と思いました。

武者小路実篤、という名前だけは聞いたことがあったけれど、作品を知らない、いわゆる文学作品。
(こういう言い方は乱暴かもしれないけれども、読む前の自分の状態です)
けれども、友情の中にある、かけがえない友情だからこその嫉妬や、対抗意識、
その中で繰り広げられる恋愛の模様に、時代背景は全く違うのに、共感を覚える部分も。偉そうだけど!

森瑤子さんの、これは短編なんですけど、いやあ、男女のもどかしい関係と女性の心理が、
赤裸々かつ、けれど清くて、時々、ちょっと! この気持ちどうしたらいいの!? 
という感覚に襲われもしました(笑)
私の人生に、こんな恋愛経験は皆無だったんですけどねww

武者小路実篤と、福永武彦は昭和初期くらいの作品なので古いですが、
連城さんのも森さんも、私が過ごしてきたタイムリーな時代ではありません。
当然、小説の中の経験は、私には遠すぎるもので、似ても似つかない。

けれど、共感できる感情もあったり、今でも感覚が決して遠いとは思わなかった。
つまりは、人はいつの時代も、やはり人なのですね。

「人間」って生き物は厄介だけれども、愛おしい生き物だなあ、と改めて感じました。

以上ー!(笑)ってそういえば冒頭で感想は止めるって言いながら書いてるし (*;゜;鑾;゜;*) ブッ
[PR]
by koco_hinata | 2012-06-08 22:15 | book