ココ色吐息

colorful

d0180285_10485136.jpgd0180285_1049365.jpg


大変!!!
かなり更新が開いておりました。。。ヒィ━(;◉;д;◉;)━!!

体調がイマイチだったり娘の風邪が微妙に続いていたり、引っ越しの準備でてんやわんやしております。。。
でも根がグウタラなので、グウタラしまくってもいるのですが(笑) 
PC周辺が暑すぎることと、散らかってるところから更新が滞りました。。(言い訳)

てなわけでネタもないので、この前購入した絵本のご紹介でも。


『ペツェッティーノ』
以前「スイミー」を買ってから、レオ・レオニの絵本に興味を持っているので、
ちょくちょく集めようかと買った二冊目のレオニ絵本。

絵もすごく素敵で大好きなのですが、お話の世界観が好きです。大人が読んでもハマれる♪
谷川俊太郎の翻訳もいいのですね。

スイミーは教科書で読んだことが、という声をよく聞くのでとても有名でわかりやすいお話なのですが
ペツェッティーノはちょっと子供には難しいお話です。

大人でも、読んで噛み砕かないと、わからないメタファーに富んだお話。

でも子供には難しくても、読み続ける意義はとてもあるように思えます。

そして次に紹介する本にも言えるのですが、絵の色が綺麗です。

娘には、色とりどりのものに触れさせたい、
(といいつつもなかなか外に行って植物などを見せたりする機会が乏しいですが。。)
とずっと思っていたので、選ぶ絵本も色に富んだものや、絵の綺麗なものを選ぶことが多いかな。

まだまだレオニの絵本はたくさんあるので、ちょこっとずつその世界にはまってみたいですね^^


『あさになったので まどをあけますよ』
続いてはこちら。

荒川良二さんの絵本。
名前は聞いたことがあったけど、そういえば作品に触れたことがないなあ、と思ったのとこの絵本の絵がとにかく美しい!

色とりどりに、街の絵も、山々の絵も、海辺の絵も、空も、すごく丁寧に細かく描かれていて、これはいいな、と思い選びました。

お話もとてもいいです。単純なんだけど、とっても深い。こちらはすごく文章がシンプルなので、小さい子供にもわかりやすいですよ。
でも、大人が読んでもその深さに考えさせられちゃいます。

荒川良二絵本も、これからもっと読んでみようと思いました。


どちらも私の個人的意見になりますが、すごくお勧めです(*´ェ`)ノ
[PR]
by koco_hinata | 2012-07-18 11:04 | book