ココ色吐息

これぞ災難

d0180285_23274760.jpg

普通、噛まないよね。
と、言われた場所を噛み、絶賛口内炎ピーク期。激痛です。でもチョコレートを食べるのだ。
ちなみに、その場所とは、奥歯の後ろのもはや喉元に近い口の中の壁。
どうして噛んでしまったか、自分でもわかりません。ただ、割とよく、ここ噛みます。

こうした小さな不運というか、ついてないなあ、うまくいかないなあ、っていうことは、
毎日のようにあるもんですが、別段惨事でもない出来事でも、
ああ、こういうのを災難っていうんだなって出来事に先日襲われました。

鼻からミンティアです。

災難以外の何物でもありませんよ。
何故でしょうね、普通にアイラブミンティア、ミンティアといえど私が好んでいるのは甘めの味ではなく、
白いケースに青いデザインのワイルド&クールを一粒ほど口の中でいつものように転がしていただけです。
程よいスウスウ感を心地よく感じながら、帰宅して間もない旦那と談笑しておりましたところ、
どうしたことか、口の中で転がされていたミンティアが、ヒョイっと気管に入り込みそうになったのです。
もちろん、ミンティアを誤嚥なぞしたら大惨事。下手したら救急車を呼ぶ羽目になるかもしれません。
一応、飲食物を誤嚥する危険が極めて低いであろう年齢だと自負しておりますゆえ、
なんとか誤嚥は容易く脱したわけですが、あろうことか口の中にミンティアがないのです。
その時は丸呑みしたのだと思いました。

気管に入り込みそうになったせいもあり、ミンティアを小さいとはいえ、
丸呑みしたせいで、喉が焼けるようにヒリヒリしたのだと思っていました。
風邪で喉を痛めたときのような灼熱感がずっと残っています。
おかしいな、おかしいな。

ああ、ミンティアは丸呑みするもんじゃないね、んんん、んんんっ、(喉を鳴らす声)変な感じだよ、
愚痴をこぼす私を、フーン、と一蹴する旦那。

ああ、鼻がムズムズするなあ、
そしてティッシュを鼻に当て、ブーッと鼻をかみましたところ、ティッシュに白い丸い物体が。
初めは素通りし丸めた私ですが、いやいや!?と引き返すようにして、丸めたティッシュを再度開いてみました。
やはりあります。どう考えてもミンティアが。
と、同時に、強烈な不愉快なまでの爽快感が鼻腔内に拡がっていきました。

うあああああ、

悶えつつも、泣けてきました。
大の大人が、おいおいと泣きたくなりました。
ついてねえなあという哀しさと、
理由のない、別に笑ったり咳をしたわけでもないのに鼻にミンティアというバカバカしさと、
何よりも鼻が痛くてたまらない辛さに、おいおいと泣きました。
そう滅多に、声をあげて泣くことは余程の出来事ではない限りないじゃありませんか。
でも、鼻からミンティアはですね、泣きますよ。感情と、あと、物理的に。

こんなに愛して、ないとパニックになるほどのミンティア依存症であるのに、
まさかミンティアにこんな仕打ちをうけるなんて、想像もしませんでした。
だけど、変わらずに毎日たべてます。それでもないとワタクシ生きていけません。
もう一度鼻からミンティアという洗礼を受けようとも、私はミンティアを食べ続けると思います。

ビバ、ミンティア!!!

最後に、写真と本文に関連性はありません、なんとなくです。

[PR]
by koco_hinata | 2014-03-01 00:07 | daily