ココ色吐息

あいたい時にあなたはいない

d0180285_10255325.jpg
□ Kodak ULTRAMAX400 □


ものっすごく今日は焼き芋が食べたい気分だったんです。
近くのスーパーには、非常にご機嫌なメロディを奏でている焼き芋マシンがあり、即席焼き芋がいつも売ってます。
だから、あとで買い物に行ったら、あの焼き芋を今日は買う、と決めていたのですが。

あれ? あの音楽聞こえないな?
ちら、と焼き芋マシンに視線を注いでみましたところ、電気が点いていない。……まさか!
そう。そういう時に限って売り切れている。
風が強くてとても寒いから、みんな焼き芋買って行ってしまったんだろうか。
いつもなら夕方行っても一個か二個は残っているのに。
考えることはみな一緒なのか?いやそんなまさか。

そんなこた、どうでもいいんです。
食べたい時に食べたいものがない喪失感は、はなはだ空虚です。
何が何でも芋が食べたくて頭の中は芋でいっぱいになる。
芋ならなんでもいい、そう思って惣菜コーナーでスティック大学芋をカゴに入れました。
しかしだね。
でも、やっぱりこれじゃないんだよ……。

どこか満たされない気持ち、
いつもこの時間のバス停にいるはずの彼が今日はいなかった、
あの虚しさに近いセツナサを抱えて、スーパーをうろうろしていましたら、穀類コーナーに
「簡単調理 電子レンジ対応 すぐ食べレンジ♪ 安納芋」
という商品を見つけた。

中にあるのは小さめの安納芋が二つ。ジッパー袋に入っている。
水洗いした芋をレンチンすればいい、というもの。
焼き芋ではない。レンチンだから焼き芋ではない、だけど甘いと有名の安納芋、少なくともスティック大学芋よりは焼き芋に近い……。
いや、でも明日また焼き芋を買えばいいじゃないか。明日はきっとあるだろう。
そう思って、すぐ食べレンジ♪安納芋は諦めました。
だけども。

もとより胃炎持ち。
胃の調子が悪くなるのは突発的で、急に前触れなく今日は食欲ない、芋じゃない、となるので、明日はなりかねない。すごくその可能性が高い。
今日じゃないと意味がないかもしれない、引き返して「すぐ食べレンジ♪安納芋」をカゴに入れました。

だけども。

やっぱり求めていたのは焼き芋だったようです……。
やはりレンジはレンジ。安納芋だから甘いけれど、
私が、焼き芋食べたいなあ……(じゅるり)と想像していた焼き芋は、真っ黄色のトロトロのやつだった。これじゃない。美味しいけど。

はたして明日、胃の調子が悪くなかったら焼き芋を買うのか。
この気持ちは今日までなのか。明日には消え失せるのか。私の焦がれる焼き芋への思いは通じるのか。
どうでもいいですよね……。すいません。

ただ、言いたい。何故、求めている時にないのか。
逢いたい時にあなたはいない、というタイトルのドラマをかつて見ていたのを思い出しますが、
本当に求めているときに叶わないことが、多いこと、多いこと。
情熱が足りなかったかなあ?もっと、焼き芋への情熱を燃やしていたら……。
もっとあなたに会いたいと走っていたら、きっと、きっと……。

そんなに?と聞かれたら、そこまで求めてたわけじゃなかったですね、はい。
そんなに食べたかったら、食べたいと思った時点でスーパーに走っただろう。

ってこんなに長々と一つの記事分書いてしまった。予定外。
芋話は、ただの前振りのつもりだったのに。おっかしいなー。

でも、でもですよ。
食べたいものっていうのは、その日、その時!が大事じゃありません?
あ、今日あれ食べたい!と、不意に思い出したりしたりしませんか?

そう考えると、食欲と恋はどこか似ているものなのかもしれませんね?

などととんでもなく無理やりなことを言って〆ておきます。あー文章って難しい。
ついでに写真がまたもや関連していない。私の愛猫、チミ様幼少期、ということで許して。
[PR]
by koco_hinata | 2015-03-10 19:32 | daily