ココ色吐息

ドラえもんがタヌキと呼ばれる所以

d0180285_20192282.jpeg

ふと見ると、チミが全身総毛立ってベランダをガン見してました。
はじめは、誰かおるんか!?と私もビクッとなりましたが、思い出しました。
今日は工事で業者さんがくるから、プライバシーの関係でカーテンを閉めるように、と管理会社から事前に連絡があったのですよ。
ああ、それだわーと納得。
でも私がベランダを見たときには、もうロープが二本、垂れ下がっているだけだったけれど、チミは業者さんの姿でも見たんですかね、

ずーっとタヌキ(笑)

タヌキ、っていうのは怯えて総毛立っていると尻尾がぶっとくなってまるでタヌキみたいな容姿になるからそう呼んでいるのですが。

二本立ちしちゃってるし、総毛立ってふわっふわになっているし、
意地悪な主人ですけれど、まあ、面白くって可愛くって爆笑しました。

チミはそんな様子なのですが、一方ネミは全然ヘッチャラ。
もしかしたらチミは業者さんの姿を見ていたのかもしれないので、なおさらびびってたのかもしれませんが、だとしてもネミはロープに最初興味を示したくらいで、びびってはいない。

それよりも、チミが異常にビビりになって、ちょっとした物音や人の動きでビビりすぎてびっくりする様に、ネミがびっくりする、という状態でした。
兄弟でも全然違うねえ。

もうすーっかり昼間の出来事は忘却の彼方なのか、今はソファの洗濯物の上で、ぐでーと伸びて寝入っていますが、いやぁー面白かった。

なんて猫って行動がいちいち全て可愛いのでしょうな(笑)


[PR]
by koco_hinata | 2015-11-11 20:54 | cat's