ココ色吐息

<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

読書の秋?

d0180285_1185388.jpgd0180285_11925.jpg


こんにちわ。特別にネタがないので、今読んでる本と、何度となく開いてしまうお気に入りの本でも。

左から、夢野久作「瓶詰の地獄」

なんで読もうと思ったんだっけなあ。あーそうだ。
ボトルメールのウィキペディアを読んでいて、そこにボトルメール(瓶詰の手紙)を題材にした小説、
と紹介されていたところに前出の「瓶詰の地獄」を見て読みたくなったんだった。

夢野久作自体にも興味が湧いたんで、「ドグラ・マグラ」が読みたかったんだけれども、ちょっと勇気がなかったので(笑)
短編集でもある「瓶詰の地獄」から手に取ったのでした。

でもこれ、まだ途中。四篇しかまだ読んでないのですけど、すでにハマりかけてるので載せてしまいます。
いやあ、でも載せたはいいけど、どう感想というか思ったこと書いたらいいのかまるでわからない(笑)
怪奇といえば怪奇なんですね、ホラー。どう怪奇かというと得体のしれなさ、というのもあるのだけれど、
それ以上に人間が持ってる心の裏側がホラーなのかなあ、と思ったりする。

それを、抽象的に……? 
うーむ、どうとでも解釈できるような描き方をしているからどこか非現実な幻想色が満ちて感じるけれども、
なんだろう、うん、わからない(笑)

でも文章と言う形だけで、この世界を描くその想像力が、怪奇です、もはや(笑)

もっともっと柔軟な頭にしたいと思いながら、続きを読もうと思います。


さて、右は前者とは打って変わって対照的な? 春くらいに刊行されたばかりの(多分)戌井昭人「まずいスープ」

春先頃に、あまりに本を読んでいないのでさすがに読まないといかんだろう、と本を読むことを決めたのはいいものの
何から手をつけたらいいのかわからん、と悩んでいたときに新刊コーナーで見つけて買ってみた本だったのですが。

面白くて面白くて一気に読みましたw

解説でも書かれていたことに納得だったので、ちょびっと引用します。

 戌井さんは一種、『どうでもいいとこがうまい』とでもいいたい魅力がある。
 もうホントにどうでもいいんじゃないの、というところがめちゃめちゃ調子づいていたりする。
 言われてみれば、世界は大体、思いもよらぬところで調子に乗っている。

ほんとにそうでした(笑)どうしてこんなところに目が行ったんだろうw と。思わず声を出して爆笑してしまった。
なんだろうなあ、活字で読んでいながらにして、頭の中で動いてるキャラクターたちのシュールな表情が、浮かんでくるんですよね。
それが私個人のどツボで、しばらくはまって、本読めない時もありました(笑)
だからまあ、出てくる人間のみな、いとおしいこと。

表題作の「まずいスープ」もとっても面白いのですが、
個人的には他二編の「どんぶり」と「鮒のためいき」もたまらなく面白かったです。


たとえば、夢野久作のような独特の世界観にどっぷり浸れる小説も面白いし、
凝り固まっていた思考や価値観を破壊される感覚も気持ちがいい。

はたまた、まずいスープのようなありふれた人間の生活感にくすっとブハァ、と笑う小説もまた気持ちがいいわけで。

うーん、奥が深いね!(まとめ、軽っ!)
[PR]
by koco_hinata | 2012-09-24 12:35 | book

手に触れそう

d0180285_2358315.jpg


こんばんわ。大気が不安定な日が続いていますね。雨が降ったりやんだり雷が激しくなったり……と落ち着きのない空模様。
今日の夕焼けは不穏な印象を与えるような分厚い灰色の雲がありながらも、
その僅かな隙間から太陽の光が漏れて、雲の不穏さとは正反対の美しい夕陽を見せてくれたので、
思わずカメラとスマホを片手にベランダへ。

一応、 AE-1P と PHENIX も持ってきて撮ったのだけれど。。。果たしてちゃんと撮れてるかなあ。
こういう空の露出が私にはまだ難しいことが最近になってやっとわかってきました(笑)

むしろ、見たままをおさめるために生まれたはずの写真なのに、見たままのこの空を撮るのは不可能だ、なんて思ったりもして。
(私に技術がなさすぎるだけなんだけどサー (;◉;Θ;◉;))


でも、先日都写美で見に行った写真展のうち、田村彰英さんが新都市の移り変わりを撮影された写真が
いくつか展示されていたのですが、それがですね、これがすごい写真でした。

パネルにはポジフィルムって書いてありましたが、ポジだからなのか、いやそんなことはないかあ。
(そこまで知らんでしょう アンタw)

これは、ホントに写真? ってくらいにリアル、というか、手に触れたら(触れちゃいけないのでもちろんしませんが)
そこに行ってしまうんじゃないかという写真の、景色の美しさに吸いこまれてしまいそうになったことを、思い出したんです。


今、この空のような、いろんな色や形を変える空を、空が広がる町の景色を、ありのまま美しく撮影していて
もちろんプロの写真家さんなのですから、当然といってしまえば当然なのかもしれませんが、あれは衝撃でしたね。

肉眼以上の美しさがあったと言いますか。

ちなみにそのシリーズの写真以外のも、臨場感があり、とっても美しかったです。

同じように撮るのは不可能ですが、肉眼で見た今日の夕焼けを少しでも鮮明に残せてたらいいのに、と思って
シャッター切ってみたけど、さあ、果たしてどうだろう(笑)(;Φ∀Φ)フフフ・・・


今日載せたのは アイホン × インスタグラム で、インスタの加工クオリティを借りました(笑)

空の時は Hefe という加工が相性よさげです(あくまでも個人的な好み。。 笑)
[PR]
by koco_hinata | 2012-09-20 00:24 | sky

タチアオイ

d0180285_113237.jpg
 □ Kodak G100 □ 


ややアンダーですが。。。

以前都写美に行った時に恵比寿駅までの歩道脇に咲いていた立葵。
赤いのなどは家の近くなどでよく見かけてましたが、白い立葵もあるんだーとシャッター切った気が。
でも夕暮れだったし建物の影になっていて完全光が足りてませんね(笑)まあISO100だし orz

先日、また時間を貰って写真展を見に行ってきました。都写美だけに限らず見に行きたいんだけど
アクセスが一番解りやすい、ってそれだけで結局都写美に行ってしまいますな。。って言ってもまだ二三度だけど。

今回は時間があったのもあって3ついっぺんに見てきたのです。
田村彰英「夢の光」と「自然の鉛筆」と鋤田正義「サウンドアンドヴィジョン」

とてもとても刺激になりました。
けど、見ている時は頭真っ白で、来たはいいけど、果たして何か感じられてるんだろうか自分、と思えて
その場で途方に暮れそうにもなりましたけど(笑)
五感で感じたものに無駄はないはずだ、と言い聞かせてじっくり見てきました。

詳しいこととか専門的なことはなーんもわからないし、
周りの人が、あれはこれで、と何やらマニアックなことをお話しているのを傍で聞きながら、
すごいなあ、なんて他人事に思ってたくらいです。


一つ一つのアイデアから、一つ一つ丁寧に残されていくもの。
何かを、目の前に広がる世界を、大切な人を、残したいという気持ちは、
はるか昔から今もずうっと、誰もの中にあって、変わらないんですね。

そこから生み出された写真というものが、また愛しくてなりません。

それが今の時代は、小さな端末で簡単におさめることができるまでになりました。
それもとても素晴らしいことだと思います。

だけど、それでもやっぱりだからこそ、フィルムっていう存在を忘れないでほしいなあ、なんて偉そうに思うわけです。
どんどんシェアは少なくなってきてしまっているけれども、ある種伝統でもあるはずだから、ずっと残ってほしいと。


映画のフィルムがなくなってしまうことに対して(ごめんなさい割愛しすぎてると思いますけど)
寅さんの山田洋二監督が言ってた言葉がすごい沁みちゃってるんですけどね。

「必要な無駄っていうのはあるんです」と。

便利で迅速なことっていうのは、本当に魅力。私だって、日々の生活が便利な方がいいし、そっちを選んだりもする。
なんもかもがアナログで、手間暇かかるものの方がいいってわけでもないけれど、
でも無駄なことを、少し手間暇かかるものも、それら全てを円滑にすることもないんじゃないかって思ったりも。
(とかいってさ、すんごいめんどくさがりなんですけどね、私w)

けれど、その言葉でちょっと考えされられたわけです。

やや話しが逸れましたが。。 

絵画や文章や音楽だけではなくて、何かもっと鮮明に残せるものは、と試行錯誤して生まれて、
今日までになったのが写真です。

それまでのプロセスを、決して廃れさせないでほしいなあ、と 写真展を中腰で眺めながら感じていました。


ただ、ここまで言えるだけ私もまだまだ勉強が足りないし、知らないこともいーっぱいあるから
もっともっと写真を知りたいなあ、と勉強しなくちゃ、と思ってます。


まあああ  すごいのんびりペースでしょうけれどもー (o-∀-o)

ひえー、熱く語りすぎました、ゴメンナサイ(笑)

次は ちゃらんぽらんな記事にしよwww
[PR]
by koco_hinata | 2012-09-11 11:58 | daily

その瞬間

d0180285_9233860.jpg
 □ FUJI Venus800 □ 


おはようございます。

先日、幼稚園で縁日が行われました。
最近はめっきり写真撮ってなくて、持って行っても撮らないとか、数枚……ってことが続いていたのですが
この日は珍しく入りっぱなしだったフィルムを撮り切り、36枚撮りも一本撮り終えることができたのでした!
ひっさしぶり~♪ なもんで、この日の撮影は楽しかったです(笑)

子供のおかげかしら? 子供はカメラを向けても自然体でいてくれるので、ファインダーを覗いてるのが楽しくなるね。
個人的には、子供だけに拘わらず、人物がもう少し照れずに撮れるよになりたいわあって思ってるのですがなかなか難しいね(ノω`*)

でもいっつも自分の子ばっかり撮ってしまうので、
この日、私は自分の娘よりも親友の娘ちゃんばっかりに、カメラを向けとりました(笑) すまんな、娘w

いつも一緒に遊んでる姿をおさめたいと思うのに、全然撮れなくて、
昨年のお祭りの写真なんかはひどいことになってしまったのもあって、ちょっとしたリベンジも兼ねてました(笑)

かといって今回が成功ってこともないんだけど。

けれど、勢いも大事で、やっぱり楽しく撮れた写真は見ていても楽しくなれるし、出来た写真見て、
あーここはこうした方がよかったなあ、とか返って冷静になれるね。楽しく撮れなかった時は、それすら浮かばないような気がする。

ってすんません、偉そうにwwww

でも単純にやっぱり写真を撮るのは楽しいなって思えたので、万事OKということでw
そして、こうして手元に写真が残ってくれる、これがやっぱりいいですね。

写真について熱く思うことはまた別の機会にしようw テーマが散漫w

それにしても、Venus800をリバーサルだと思って、しかも写真屋さんにリバーサル現像です、って注文しちゃった非常にバカな私です。
バカっていうかもうダサすぎるだろうよ。はー気をつけます、勉強し直しだw
[PR]
by koco_hinata | 2012-09-03 09:46 | mico